伊予高日誌

3年生 志望理由書の書き方講座

令和元年7月11日(木)のホームルーム活動の紹介です。
今日の活動は、大学・専門学校へ進学を希望する生徒、就職・公務員を希望する生徒に分かれての志望理由書の書き方講座でした。

進学を希望する生徒の活動の様子です。リクルートの方をお招きし,志望理由書の書き方についてお話をいただきました。

受験に際して志望理由書をどのように書いたら良いのかを分かりやすく解説され、
生徒たちも頷きながら聴いていました。

就職活動・公務員試験に向けての取り組み方や、面接の受け方、履歴書の基本を学びました。

企業が求める人材像や、就職活動をおこなっていく上でのポイントを押さえ、
就職活動の流れやルールなどについて学び、
目の前に迫った就職活動に向けての準備が始まりました。

0

2学年 オープンキャンパス事前指導を行いました

期末考査最終日の6月28日(金)、2年生を対象にオープンキャンパス事前指導を行いました。
この夏休みを利用して、県内外へのオープンキャンパスに積極的に参加してほしいと思います。

[生徒感想]
・この講座を受けて、オープンキャンパスで得られるものが山のようにあることが分かった。今までオープンキャンパスに興味がなくて、一つの大学だけ行けばいいと思っていた。しかし、何校か比較することでその大学の良さが詳しく分かると知ったので、いろいろと考えて複数の大学に行こうと思った。(男子)
・私の第一志望の大学は東京にあります。長期休業中とはいえ、時間もお金もかかるのでオープンキャンパスへの参加は難しいと思っていました。しかし、実際に行ったからこそ分かることがあると聞き、何としてでも行かなければと思いました。様々な科を見てきたいと思います。(男子)
・大学の選択を間違わないためには、学べる内容を調べること、実際に大学へ行ってアクセスの良し悪しや雰囲気を確認すること、先輩の話を聞くことがとても大事だと分かった。自分が何を学びたいのか、将来何をしたいのかを明確にすることが大切だと思った。(女子)
・「私はこの大学は無理だから…」と言って諦めていたが、オープンキャンパスに参加する真の意義を理解できたので、もっと自分と向き合おうと強く思った。(女子)

 

0

家庭科 和菓子甲子園 中四国大会へ

 3年生の2名1組が、全国菓子工業組合連合会青年部主催の第10回和菓子甲子園に出品し、愛媛県代表に選ばれ中四国大会に出場します。今年の和菓子甲子園のテーマは「新元号『令和』にちなんだ和菓子」です。

令和の御世に、今までの自分をこえて新しい可能性を発揮したいという思いを込めて作りました。出来上がった飴細工は、古典の授業で習った華やかな「綺羅」という言葉を連想させ、中の和菓子には万葉集の和歌の中から「少女(をとめ)」という一節を見つけ、「綺羅の少女(をとめ)」と名付けました。
中の二層の和菓子の上段は、万葉集の序文にある梅から発想した梅酒を使った羊羹です。色鮮やかな令和慶祝カラーの「梅色」を取り入れ、視覚でも楽しめます。下段の浮島には、緑色の「空豆の甘露煮」を混ぜ込み柔らかい羊羹と浮島にアクセントを加えています。また、浮島に「裸麦」を加えたことでモチモチとした食感を味わえます。「空豆」と「裸麦」は、どちらも伊予高校のある松前町の特産品であり、地域のアピールにも貢献できるように考えました。中の和菓子でまだ見ぬ可能性を秘めた未来を、外側の飴細工で光り輝く希望を表現しています。

 中四国大会は、岡山県で試食審査があり、先日、作品を7点提出しました。全国大会にも出場できるように心を込めて作りました。

0

第2回高校見学会を開催しました

6月29日(土)、中学3年生の皆さんを対象に、体験授業及び校内施設見学を行いました。
雨上がりの多少蒸し暑い中、中学3年生の皆さん、保護者の方々およそ110名にご来校いただきました。

体験授業では、参加した中学生は緊張感をもって授業に臨み、伊予高校の勉強にしっかり取り組む雰囲気を感じ取っていました。参加くださった中学生及び保護者の皆さん、ありがとうございました。
 
次回は、第3回高校見学会(部活動体験・見学会)
7月26日(金)午後 ※各中学校の進路担当の先生を通じてお申込ください。

たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

0

3年生 高校生選挙啓発講座

令和元年6月20日(木)のホームルーム活動の紹介です。
今日の活動は、主権者教育の一環として、
愛媛県選挙管理委員会、松前町選挙管理委員会の方を本校に迎え、
高校生選挙啓発講座を行いました。

クイズで盛り上がりながら選挙について学びました。
全問正解とはいかなかったですが、知らないことばかりで勉強になりました。

わかりやすいアニメ動画や講義に耳を傾けています。


私たちが近い将来、投票を行うにあたり、
選挙のルールについて正しく知ると同時に、
有権者としての心構えをもつことができました。

<生徒の感想より>
・私も近々18歳になる身であるので、
有権者になるという意識が日々高まりつつあります。
投票に行く前に、今日の講演の内容を思い出し、
社会や政治についての知識を蓄えてから臨みます。(男子)
・今回の講座を受けるまで、
自分自身が選挙のことを考えなければならない時期は
もっと遠い未来のこととして捉えており、主権者としての自覚が持てずにいました。
しかし、もう今年から私たちが投票を通して代表者を決め、
自分達の将来を主体的に考えるべき存在になっていることに気づきました。
投票に行く時には、
今までより強い責任感を持って参加できるようになったと思います。(女子)

0

あいテレビの取材を受けました

 令和元年6月11日(月)、本校のICT機器を活用した授業が、あいテレビの取材を受けました。
 授業のテーマは、「SDGsの視点で考える愛媛の課題とこれから」です。

 タブレット端末を活用し、グループ内で互いにプレゼンを行いました。

 放送予定は、6月25日(火) 18:54からです。

0

『未来を変える目標 SDGsアイテ゛アフ゛ック』英語版 翻訳フ゜ロシ゛ェクトに参加

JICAが編集協力されている『未来を変える目標SDGsアイデアブック』を40冊、一般社団法人Think the Earth様から寄贈していただきました。

 

 また、1年生から3年生まで24名の有志の生徒がこの『未来を変える目標SDGsアイデアブック』を英語に翻訳していくプロジェクトに参加表明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 このプロジェクトの参加を通して、英語の実力を伸ばすとともに、世界の抱える課題や日本国内の取組について理解を深め、世界に情報発信していってくれると思います。

0

第1回高校見学会を開催しました

6月8日(土)9時~ 本校で第1回高校見学会を実施しました。
当日は中学3年生の生徒のみなさんや保護者の方々130名にご来校いただきました。


全体会(概要説明)に続き、各教科の模擬授業を2つ体験しました。
【国語】
 
【社会】
 
【数学】
 
【英語】
   
【理科】              【書道】
    
 

模擬授業終了後は、生徒会が伊予高校の学校紹介をしました。
 

そして、生徒会が校舎内を案内し、施設見学及び部活動見学も実施しました。

ご来場いただきありがとうございました。
次回は、
第2回高校見学会(模擬授業)    6月29日(土)9:00~ ※受付中
第3回高校見学会(部活動体験・見学)7月26日(金)午後 ※各中学校を通じて案内


たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

0

3年生 遠足に行ってきました!

5月17日(金)に遠足に行ってきました。
道中では、楽しい会話も弾み、思い出に残る一日となりました。

まずは、バスで坊っちゃん劇場へ!
ミュージカル「瀬戸内工進曲」を鑑賞です。
↓劇場の方の説明を聞き

↓さすがに上演中の写真はNGなので(上演前)


↓役者さんにお礼のあいさつ、迫力ある演技に圧倒されました(上演後)

↓その後、ウエルピア伊予に移動し、昼食+清掃活動!こんなにたくさん拾いました。
 
↓遠足といえば、やっぱりみんなで歩く!伊予高校まで歩いて帰りました。
 

 

0

修学旅行 台湾班 4日目

最終日、全員、事故・怪我なく旅程を終えようとしています。

18時43分高松空港を出発しました。途中、豊浜SAで15分程休憩後、約1時間程度で伊予高校に到着予定です。

★豊浜SA出発後、到着予定時刻をお知らせします。

 

0

修学旅行 台湾班 3日目

今日は、途中雨に降られましたが(スコールにはならず、ホッとしました)、全員、事故・怪我なく3日目の旅程も終えられました。明日帰国します(学校到着予定21:30)。
※明後日、17日(金)は部活動がない生徒はお弁当はいりません。パソコン教室で旅行のまとめをします。デジカメとPCとをつなぐケーブル(USBケーブル)が必要です。

九份(きゅうふん:千と千尋の神隠しの舞台)を観光

九份で、台湾料理
  
桃園市立武陵高級中等學校との交流

マジック班、日本語研究班、コーラス班に分かれて交流
   
点心料理
  

0

3年 学校設定科目「総合」(時事問題学習)

今年度から本校では、学校設定科目「総合」-時事問題学習-を実施しています。主に新聞記事を利用し、現在社会で話題になったり、問題になったりしている「課題」について、「読む・書く・話す・聴く」力の育成を意識した学習形式で行っています。
今回は、松山東雲女子大学人文科学部心理子ども学科子ども専攻の西村浩子先生の講座の大学2年生13名の皆さんとコラボして、「私の意見を聴いてください!」というタイトルで、自分が気になった記事を紹介し、意見を交換するという発表会を実施しました。

【実施日時】
5月7日(火)2・3限
【場所】
伊予高校会議室
【授 業 名】
学校設定科目「総合」-時事問題学習-(3年生選択生88名うち26名)
【内容】
GW課題の新聞記事のスクラップを利用し、ビブリオバトル形式での意見発表会
(キーワード:地域、女性活躍、労働問題)
【形式】
大学生1、2名と高校生2、3名の混合班構成・・・8班
(班ごとに一人一人発表)

(大学生、高校生の代表者による発表)

(最後は参加者全員で記念撮影)

【生徒感想】
・同じ記事を選んでいる人もいましたが、自分と違った意見を持っていて、他人の話を聞くことや視野を広げる必要性を感じました。
・事前に準備し、練習もしたのに緊張してうまく話せませんでした。3分間で自分の主張をすることの難しさを感じたので、日頃から内容を整理して話すようにしたいです。
・違った立場の人と話すことで別の視点もあるのだなあ、と実感しました。いろいろな人の考え方を知ることができて良かったです。
【指導者感想】
・普段は静かな講座生も積極的に発言し、主体的な「学び」が見られました。また、事前の課題プリントにも一人一人工夫を凝らして取り組んでいました。
・話すことが苦手な生徒にもビブリオバトル形式の発表会は、有効だと感じました。

なお、この授業に関する記事が5月8日(水)愛媛新聞9面にも掲載されました。

(掲載許可番号:d20190610-004)

0

新任式・始業式・入学式

新任の先生の紹介(新任式)

17名の新しい先生方をお迎えしました。よろしくお願いします。

午後からは入学生を迎えて第37回入学式を13:30から本校体育館で挙行しました。

本校校長による入学許可

新入生代表が伊予高校での決意を述べる。

新入生は学校に早く慣れて、充実した高校生活を送れるようになってほしいと思います。

0

平成31年度入学式について(御案内)

平成31年度第37回入学式を下記のとおり挙行いたします。

1 日時 

 平成31年4月8日(月) 13:30~14:20

2 場所

 本校体育館

3 時間

 新入生の皆さんは、12:50までに本校武道場にお集まりください。

 保護者の方々は、13:20までに体育館の保護者席にご着席ください。

 

0

【1・2年生】春休み企画「新聞」「志望理由書」「卒業生と語る」「地球料理教室」講座

1年生:午前「新聞読み方」講座2

2年生:午前「志望理由書の書き方」講座

1・2年生:午後「卒業生と語る」「地球料理教室」


「新聞読み方講座」2 1年生  8:30~10:00(体育館) 

講師:朝日新聞社大阪支局  飯塚 智康 様
 12月27日「新聞読み方講座1」(愛媛新聞社)、3月9日「新聞書き方講座」(愛媛新聞社)に続き、「新聞読み方講座2」(朝日新聞社)を実施しました。今回は、スクラップ記事のつくり方を教えていただいたので、今後は自分の興味・関心のある分野の記事を効率よくスクラップしていくことでしょう。

【新聞を真剣に読んでいる伊予高生】

【丁寧に説明をしてくださる飯塚先生】     【自分の気になる記事を友達に紹介】


「志望理由書の書き方講座」 2年生  8:30~10:00(武道場)


講師:リクルートマーケティング 大野 美樹 様
 4月からは3年生。四年制大学、短期大学、専門学校等々、高校卒業後の進路に向けて一人一人が準備を始めなければなりません。AO入試、推薦入試、一般入試と入試の方式も多様化していますが、「志望理由」について問われることがほとんどです。今回は、「志望理由書」を実際に書いてみることで、自己の適性を再確認し、受験に対する意識を高めるために実施しました。

【志望理由書の重要性を説明してくださる大野先生】

【自分の志望する進路に当てはめてワークシートに記入】

「卒業生と語る」 1、2年生  10:20~11:20(体育館)


講師:伊予高校卒業生11名
 例年は夏休みに3年生希望者に対して実施していた座談会を、今回は卒業生を招いて実施しました。事前のアンケートで多かった「高校時代の学習法」、「大学受験のコツ」、「大学での学び」を中心に話していただきましたが、それ以外にもたくさんの質問があり、在校生にとって非常に有意義な時間となりました。

【先輩方を囲んで真剣に耳を傾ける在校生】


「地球の料理教室」 1、2年生希望者19名 10:20~12:20(食物教室)


講師:JICA シニアボランティア 管理栄養士 栗原 純子 様 (2018年 トンガより帰国)
「地球の料理教室」は、青年海外協力隊に参加された方やシニア海外ボランティアの方々が講師となって「料理」を通じてその国の背景を想像し、異なった価値観を認め合う国際理解活動を目的としています。
今回は、1、2年生で国際系、食物栄養系に興味がある生徒19名が参加しました。そして、一緒にトンガ料理を作りながらトンガ生活での体験談を伺って地域理解を深めました。



【本を寄贈していただきました】
〈生徒の感想〉
・未知の国トンガについて話を伺ったことで、まだまだ知らない国や文化がたくさんあるのではないかと思いました。興味が持てました。
・将来、国際系の職業に就きたいと考えているので参加しましたが、国によって調理法や食べ方が違うことが分かりました。また、言語が全く違う国の文化にも興味を持ちました。(2年女子)
・60歳を過ぎてから独学で英語の勉強をされ、渡航されたというお話を伺い、驚くとともに現役高校生としてもっと真剣に勉強をしなければ!と思いました。(2年男子)

0

【総合的な学習の時間】平成30年度後期 成果発表会

3月16日(土)に本校体育館で
平成30年度後期 総合的な学習の時間 成果発表会を行いました。
今年度から始まった探究型の伊予高校の総学!
ステージ発表とポスター発表を行い、
1年間の活動のまとめと成果を発信しました。
また、初めての外部公開として
保護者及びお世話になった地域の方、中学生に来校いただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

ステージ発表の部
① NIE 新聞記事を用いた時事問題学習(左)
② 英語の「読む力、話す力、聞く力、書く力」を伸ばそう(右)

③ 理科探究活動(左)
④ アンサンブルの楽しみ(右)

⑤ 地域の昔話を伝えよう(左)
⑥ ノーマライゼーションを学ぼう(右)

⑦ SDGsで考える世界と日本と私たち(左)
⑧ 動画でみる地域~校外コンテストに挑戦~(右) 

⑨ 地域の活性化(左)
⑩ 学校周辺の歴史や文化を調べて発信! (右)

ポスター発表の部
① NIE 新聞記事を用いた時事問題学習
② 生涯スポーツとマラソン
③ 子供の発達に応じた遊びー保育士を目指してー
④ 江戸の文人に学ぼう
⑤ 美術表現探究
⑥ 地域の昔話を伝えよう
⑦ 地域の活性化


(生徒感想より)
・多くの発表を見て聞いて、来年度の活動計画を立てるきっかけとなった。(2年生)
・どの発表も工夫さてれていて、聞いていて面白かった。(2年生)
・前期の発表会と比べて、上手に発表できた。(2年生)
・新たに興味を持った講座もあった。次は、別の講座で活動してみたい。(1年生)

 

0

【図書委員会】全校集会 年度末報告

 

全校集会において、図書委員会の活動報告を行いました。

「図書委員会です。まず始めに、今年、目標としていた貸出冊数、4400冊を達成することができました。現在、貸出冊数は4554冊です。みなさん、ありがとうございました。
私たち図書委員会は、先生方も生徒のみなさんも図書館を快適に利用してもらえるよう活動しています。
主な活動は、カウンターでの当番です。昼休みと放課後、図書委員が本の貸出・返却を行い、その日の利用状況を日誌に書きます。清掃の時間になると、返ってきた本の整頓を行います。
このほか、クラスにライブラリーニュースを掲示しています。図書館に新しく入った本を紹介しているので朝の読書に活用してみてください。
また、文化祭では、ビブリオバトルや古本市、図書館クイズなどを行いました。特に、今年のビブリオバトルは、バトラーと呼ばれる5人がプレゼン形式で発表し、白熱したバトルとなりました。そして、古本市では、たくさんの方に本を提供していただきまた。提供してくださったみなさん本当にありがとうございました。この売上で、クラス文庫に新しい本を揃えることができました。
そして、2学期にはクラス文庫に「君たちはどう生きるか」が加わりました。実は、この本を全クラスに揃えられたのは、数年前まで伊予高校に勤務されていた、宮田先生のおかげです。宮田先生は国語の先生でしたが、定年を一年後に控えた平成28年3月にこの世を去られました。その後、宮田先生のご家族から、「伊予高校の生徒さんのために使ってください」と、たくさんの御寄付をいただきました。図書館にある、あさきゆめみし、まんが日本の古典、ちはやふる、もこの御寄付で購入した本です。宮田文庫、という名前で、貸出していますので、ぜひ利用してみてください。
図書館にある本は、文学だけではありません。スポーツ上達本や、スイーツの本、心理学など多岐に渡ります。本の背表紙には、数字が書かれたシールが貼られていて、スポーツは700番、スイーツは500番、心理学は100番と、番号順に本棚に並んでいます。時々、本がちがう場所へ戻されて、次に借りる人が見つけられず、困ることがあります。返却するときは、ちょっとだけこの数字を意識してみてください。きっと、次に借りる人が気持ちよく利用できるはずです。みんなで、次に読む人のために、本を大切にしていきましょう。ありがとうございました。」

 図書館には、今年度も新しい図書がたくさん入っています。ぜひ、図書館に足を運んで、気に入った本を手に取ってみませんか。

 

 

 

 

 

0

第34回卒業証書授与式が行われました。

 今年度の卒業証書授与式も「威風堂々」の演奏で始まり、最後は「第九」の合唱で卒業生278名を送り出すことができました。無事に卒業することができましたのも、保護者の方々、地域の方々をはじめとする多くの方々のおかげです。今後とも、伊予高等学校をよろしくおねがいいたします。

0

3月9日サタデースクール Ⅰ部:「東日本大震災から学ぶ」講演会、Ⅱ部:「思いを伝えよう!」書き方講座

Ⅰ部:「東日本大震災から学ぶ」岩手日報社講演会   岩手日報社  鹿糠 敏和 氏
Ⅱ部:「思いを伝えよう!」愛媛新聞社書き方講座    愛媛新聞社 

Ⅰ部:「東日本大震災から学ぶ」岩手日報社講演会 
 2011年3月11日、未曾有の大震災が起こり、多くの犠牲者が出ました。昨年度は、西日本豪雨があり、愛媛でも多くの犠牲者が出ました。
そこで、防災学習を通して「命の大切さ」を学び、日頃から情報を正しく判断し、適切な行動ができるようになろうという目的で、震災当時大船渡支局長で、御自身も被災された岩手日報社報道部次長 鹿糠敏和(かぬか としかず)様に講師としてお越しいただき、貴重な体験談をお話しいただきました。本校生と保護者、地域の方々など約600名が参加し、命の大切さや災害への備えについて改めて考える一日となりました。
 
【講演をされる岩手日報社 鹿糠 敏和 様】

【当時の映像に自然災害の恐ろしさを改めて実感しました。】

【犠牲になられた方々の人となりを、遺族への聞き取りを行い、記者として記録されています。】

【3月9日の「岩手日報」の記事です。8年経っても深い爪痕を残しています。】

【生徒代表による講演後の謝辞。遺訓を活かし、犠牲者にならないことが私たちの務めです。】

Ⅱ部:「思いを伝えよう!」愛媛新聞社書き方講座    愛媛新聞社
 Ⅰ部終了後、各教室で、講演中に取ったメモをもとに、感想や意見を書きました。ただ「聞く」だけではなく、貴重な講演の後に、一人一人の思いを「書く」ことで考えを深め、他者に「伝える」という試みです。
 本校は、今年度からNIE(新聞を教育に活用する取組)の研究指定を受けており、今回の生徒の感想を愛媛新聞と岩手日報社に投稿する予定です。

【講演中のメモをもとに投稿文を書く生徒】

【さらに分かりやすい文章になるように、愛媛新聞社の方からアドバイスをしていただきました。】

【時間内に書くのは難しいと思われましたが、伝えたい思いが強く、大半の生徒が書き終えました。】

生徒の感想
Ⅰ部 
・ 「訓練のための避難訓練」は意味がないことがよく分かった。普段「訓練」だからという軽い気持ちで、避難訓練に参加していることを反省した。(1年男子)
・ 先日、「まなぼうさい」に参加し、防災の大切さや具体的な準備について学習したが、今回の講演で「自分の命は自分で守る」ことの必要性を感じた。また、最後にいただいた「遺訓」をしっかりと守りたいと思った。(1年女子)
 ・ 震災のことは知っていたが、小学生だったので、よく覚えていない。この時期になると、毎年のように話題になるけれども、普段は忘れている。何の根拠もない自分たちの住んでいるところは大丈夫という気持ちが、大きな被害に繋がると実感した。(2年男子)
・ 「その日の行動」を点で表した映像が、強烈に印象に残った。他人任せではなく、情報を正しく判断し、自分で行動することの大切さを学んだ。(2年女子)
Ⅱ部
・ 愛媛新聞社の講師の先生が、どのような順番で書くと分かりやすい文章になるかを説明して下さったので、自分なりに考えをまとめることができた。活字になって他の人に読んでもらえると思うと少し気合いが入った。(1年男子)
・ 普段文章を書くことが苦手だが、テーマや構成が決まれば、意外にスムーズにかけることが分かり、ためになった。(1年女子)
・  自分の考えや感想を限られた時間や字数で書くことは、なかなか難しい。事前に書いたメモがとても役に立つことがよく分かったので、これからも実践したい。(2年女子)
・ 自分の思いにピッタリの言葉が見つからなくて苦労した。思いばかりが強すぎてまとまらない時は、箇条書きで整理をするとよいと言われたので、参考にしたい。(2年男子)

0

【1・2年生有志】「まなぼうさい」のボランティア活動に行ってきました!

 3月3日(日)、伊予市のウェルピア伊予で、伊予地区(伊予市、松前町、砥部町合同)の防災に関するイベントが行われました。あいにくの雨で、屋外での催事は体育館の中で実施されましたが、たくさんのブースで家族連れの方々や地域の方々で賑わいました。
 伊予高校では、1、2年生の有志、サッカー部員、女子バスケット部員など65名の生徒がボランティアとして参加するとともに、防災に関する学習をしました。


【愛媛県立医療技術大学佐川先生の御指導の下、「液状化現象」の実験をして見せました。普段見ることができない地下の構造を知り、地震の怖さを改めて実感しました。】

【救助時のロープの結び方を教えていただきました。】

【スナック菓子「じゃがりこ」を使ってポテトサラダ風の非常食を作りました。意外と美味しいです。】

【「猫袋」と呼ばれる非常食用御飯の作り方を婦人会の方々と一緒に子どもたちに教えています。】

参加生徒感想
・ 「猫袋」の体験をしたが、美味しかった。普段から水や非常食を準備する必要性や簡易トイレの作り方などを教えてもらえてよかった。(1年男子)
・歯科医師の方から避難場所での生活が長引くと歯磨きができないために、細菌が繁殖して病気になることもあるという話を伺い、歯磨きの大切さを改めて感じた。(1年女子)
・災害時にあると便利なグッズや簡単にできる避難用品の紹介などもあり、このようなイベントに参加すると災害時に役に立つと思った。(2年女子)
・社会福祉協議会の方や婦人会の方とお話をする中で、災害時には高校生も地域の一員として活躍することを期待されているということを感じた。(2年男子)

 

0

公務員希望者を対象にした消防・警察による業務説明

 3月4日(月)の放課後、本校にて、将来公務員を希望する生徒を対象にした消防・警察の業務説明会を行いました。消防と警察を合わせて延べ17名の生徒が参加し、公務員という進路について理解を深めました。

【消防】
 伊予消防等事務組合消防本部から4名の講師をお招きし、消防士の業務説明、やりがいや魅力、福利厚生、採用試験のしくみなどについて説明していただきました。特に、伊予消防等事務組合消防本部初の女性消防士である山口さんの説明は非常に分かりやすく、生徒たちもメモを取りながら消防士の業務を熱心に聞いていました。質疑応答では、消防士のライフワークバランスの状況について教えていただいたり、「人の生命や財産を守るために」や「最初に傷病者に接して人命救助をすることが、消防士の仕事のやりがい」などという消防士の高い志を直接うかがうことができ、大変有意義な時間となりました。
 参加した生徒の感想には「消防士の方のお話を聞いて、一層なりたいと感じた」、「分かりやすかったので、消防士の業務について理解を深めることができた」などがありました。

【警察】
 警察官の業務説明は、愛媛県警察本部から渡邊さんをお招きしました。渡邊さんは、本校のOBです。人が困ったときに働くことこそ警察官の仕事の魅力であることを動画や配布資料を用いて説明していただきました。多くの部署の特徴を分かりやすく説明していただき、生徒らも警察官や警察事務という職業について理解を深めることができました。
 また、自らの経験を語りながら「いろんな人の話を聞いて、本当に自分に合った仕事を考えてほしい。人生、やり直しはきくので、自分の夢を追ってください。」という、渡邊さんにOBという立場から熱いエールも生徒にいただきました。
 参加した生徒からは、「県警音楽隊へ入隊したい気持ちが高まった」や「警察事務職という仕事があることを初めて知ったので、もっと警察の情報を調べたい」など、将来に前向きな感想がありました。

0

第2回学校評議員会の開催

平成31年2月19日(火)に、本校会議室において、実施いたしました。
本年度の取組の概要を松岡校長が説明し、各課長が自己評価表について説明をしました。
評議員の方々から有益なご意見・ご提言をたくさんいただきました。
 積極的にボランティア活動に取り組んだり、規範意識の高い生徒が多くいたりと本校の教育目標が実践されていると評価して頂きました。

0

【3年生】消費者支援講座

 2月1日から家庭学習期間に入っている3年生は、毎週、登校日が実施されています。登校日に合わせて、松前町役場から消費生活相談員の武田咲枝先生をお招きして消費者支援講座を実施しました。

 今回は、「悪質商法の手口とその対策」という演題で、これから社会に出ていく私たちが知っておかなければならないルールから、身近に起こりうるインターネットやスマホに関するトラブル、クレジットカードや電子マネーにおけるトラブルについても具体的な事例とアドバイスをいただきました。
 途中、本校の生徒による寸劇も交えながら、生徒一人一人が自分事として熱心に講演に耳を傾け、学んでいました。

0

【地域】動画班:校外コンテストの結果

総合的な学習の時間「動画でみる地域」班です。

今年度後期の活動もまもなく終了!
テーマの選定から撮影・編集まで、
試行錯誤を繰り返しできあがった作品の審査会が17日に行われました。

【第44回愛媛県自作視聴覚教材・作品コンテスト】
○ 奨励賞 「学校でできる防災~南海トラフに備えて~」
○ 努力賞 「ヘルメッツ君と一緒に学ぼう~正しいヘルメットの装着方法~」

【ふるさとCM大賞えひめ’19】
  1次審査を通過し、審査会に参加しました。この模様は3月30日(土)15:00より
愛媛朝日テレビで放送されます。各市町村のCMを見て、地域の新たな魅力を見つけ
それを発信する力を学ぶことができ、良い経験となりました。

  この半年間でいろいろな経験ができました。
  “発信”する力はまだまだ修行中なので、これからも頑張ります!

0

【PTA】第2回PTA理事会をおこないました。

 2月15日にPTAの第2回理事会をおこないました。
 多くの役員の方々に参加して頂きました。熱心なご審議ありがとうございました。

 理事会終了後に懇親会があり、今年度で役員を離れる方に感謝を込めて花束贈呈をいたしました。

0

【総合的な学習の時間】【生活健康】しげのぶ特別支援学校訪問

 総合的な学習の時間「ノーマライゼーションを学ぼう」班です。私たちは、みんなが一緒に生活するために大切なこと知り、必要なことを考えようと、そのスタートとして障がいをもった方々、性的少数者の方々について理解を深めようとしています。
 今回は、しげのぶ特別支援学校に訪問させていただきました。
 実は、今年に入って2回目です。1回目は、高等部3年生のみなさんによるガイドで学校の施設見学を、そして、私たちが疑問に思っていたことに対して丁寧に答えていただきました。そこで、自分たちが知らなかった特別支援学校の様子や、生徒のみなさんの生活を知ることができました。ただ、時間に限りがあり、もっと話をしたかったという思いが残りました。その思いをお礼の手紙に書き添えて伝えたところ、今回、体育の授業を一緒に楽しむ機会をいただきました。

 体験したスポーツは『ボッチャ』です。『ボッチャ』は「地上のカーリング」「床の上のカーリング」と呼ばれている障がい者スポーツで、パラリンピックの正式競技になっているものです。4つのチームに分かれて対戦、しげのぶ特別支援学校の生徒さんにルールやこつを教えてもらったり、伊予高生が投げる手伝いをしたりしながら、競技や会話を楽しみました。初めは緊張して「何しゃべったらいいのかな…」と戸惑っていましたが、一緒に『ボッチャ』をすることで2校の生徒の距離が近くなったように思います。そして帰り際、今回の感想もやはり「あっという間だった。もっと話したかった。」でした。
 しげのぶ特別支援学校のみなさん、ありがとうございました。

0

【書道部】第43回書界展

書界社主催 第43回書界展が1月23日(水)~27日(日)愛媛県美術館南館(松山市堀之内)で行われています。本校からは書道部と芸術クリエーションコースから1,2年生が出品し、学生部に特別賞4名、特選6名が選ばれました。また、書塾から出品した1名も特選に選ばれています。南館3階に学生部の作品、1・2階は一般の作品が展示されています。ご高覧ください。

松山市議会議長賞 1年 水口 藍璃
書界大賞 2年 大森 玲奈、大岩明日香
書界賞  2年 澤井 愛美
特 選  2年 山下 加乃、手嶋日菜、田中 柚子、濵矢 結衣、本川日向子、辻井 夏海
     1年 大隅 愛歩
秀 作  1年 前川 莉亜、今井 美月、もみひなた

作品紹介

0

【2年生】サタデースクール「お金の話」

 1月19日(土)のサタデースクールは、日本ファイナンシャルプランナーズ協会の今西みほ先生をお招きして進学に関わる「お金の話」をしていただきました。
 前半は「大学・専門学校にかかる学費と準備費用」、「奨学金とその返済」について、後半は「マネートラブルに巻き込まれないために知っておきたいこと」についてのお話でした。奨学金の話はもちろんのこと、リボ払いやカードローンの仕組みや詐欺の手口等々、社会に出てからも非常にためになるお話でした。
約2時間という長時間の講義ではありましたが、約30名の保護者の方々にも御参加いただきましてありがとうございました。
【FP協会 今西みほ先生】

【QR Codeで出席を確認する大学があることを知り、驚き!!】

【電卓で学費を計算中】

【保護者も熱心にメモを取られていました。非常に分かりやすいプレゼンテーションでした】

【配布冊子です。時間があるときに御覧になってください。】

【生徒と保護者の感想】
・自分で考えていた以上に進学にはお金がかかることを再認識しました。奨学金は返還しなければ信用に傷がつき、ローンを組めなくなったりブラックリストに載ったりするということを知り、気を付けなければならないと思いました。また、リボ払いは名前だけ知っていましたが、利息が年利15%で、実際に計算をすると大金になるので、安易に申し込んではいけないことも分かりました。「お金」は死ぬまで付き合わなければならないので、これからもしっかりと勉強していきたいと思います。(2年男子)
・大学に行くのにお金がかかることは知っていましたが、私立大学なら自宅から通学しても400万円以上かかることを知り、改めて親に感謝をしました。「ダメなら専門学校」と考えていましたが、意外にも学費や実習費がかかることも分かり、「ダメなら」ではダメだと思いました。大卒の初任給や生涯賃金の話も聞けてとても良かったです。(2年女子)
・奨学金の具体的な話や実際の受験でどのくらいの資金を用意すれば良いかを聞くことができ、親としてできる範囲のことをしたいと思いました。また、iDeCoや株等、十分には分かっていないけれども、聞きづらいことについても学べて非常に勉強になりました。(保護者)

0

1年生】サタデースクール「自分の将来とお金の話」講演会を行いました。

 1月19日(土)に、野村ホールディングス(株)から講師をお招きして、「自分の将来とお金の話」講演会を行いました。進学先別の費用や、結婚、出産を含む就職後20年間の試算など、今後どのくらいお金が必要になるのかについて話を聴きました。ライフプランを立てて、計画的に資産形成を考えていくことの重要性も学びました。
就職後のライフコースを考えます

進路によってかかる費用は違います

資産形成の方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります

〈生徒の感想〉
・もっと先のことだと思っていたけれど、進路にも関わってくるのでしっかり考えていこうと思った。ライフコースに必要なお金一つ一つがとても高額なので、お金の管理がきちんとできる人になりたい。(女子)
・高校3年間で、教育費と生活費を合わせると約470万円も必要なことに驚きました。また、進路先によってかかる金額が大きく違ってくるので、自分が興味を持っている学校の費用をもう一度しっかり調べようと思いました。(女子)
・将来、一戸建ての家に住みたいと簡単に考えていた。決して裕福な生活を望んでいるわけでもないのに、生活費や教育費、住居費などを合計すると、とんでもない金額になった。とても驚いてしまった。(男子)
・資産形成にはさまざまな方法があることがわかった。ハイリターンにはハイリスクが伴う。世の中のことをよく知らなければならないと思った。(男子)

0

【1年・2年】こども食堂「まさきっちん」のボランティアに参加しました

 1月13日(日)に、こども食堂「まさきっちん」のボランティアとして1、2年生の有志17名が参加しました。午前10時から午後2時まで、松前町総合福祉センターで活動しました。未就学児と小学生を合わせて30名くらいの子どもたちとお正月あそびでワイワイ盛り上がり、お昼にはチラシ寿司とお雑煮をいただくなど、楽しく有意義な時間を過ごしました。
「受付が始まりました」「班ごとに自己紹介をします」 

「すごろくゲーム」「カルタ取り」

「こま回し」「みんなで食べるとおいしいね」

「もう食べた?遊ぼうよ」「次もまた会おうね」

生徒の感想です。
・私には保育士という夢があります。今回、子どもたちと触れ合うことができて良い体験になりました。初めての参加でしたが、とても楽しかったので次回も参加したいです。(1年・女子)
・僕は親戚に小さい子どもが多く、その経験を活かせるのがこの「まさきっちん」です。今回で3回目の参加となります。今日は、子どもたちと一緒に正月遊びを楽しみました。子どもたちの楽しそうな笑顔を見ると、自分たちも楽しくなります。参加できてよかったです。(2年・男子)
・2回目の「まさきっちん」でしたが、子どもたちのパワフルさには驚かされます。改めて小学校の先生たちの大変さも知ることができました。(2年・男子)
・今回、初めての参加でした。「楽しいよ」とは聞いていましたが、私は少し緊張していました。担当した班は小3と小4の元気な子どもたちでした。私のことを名前で呼んでくれる子、積極的に遊びに誘ってくれる子、ずっと一緒にくっついていた子など、いろんな子どもたちのおかげで私も楽しむことができました。また機会があれば参加するつもりです。(2年・女子)

0

【1年生対象】「主権者教育」

1月11日(木)、1年生を対象とした主権者教育を実施しました。
  地域の問題は、地域住民である自分たちでしっかり考えて解決するべきであるという自覚を持つとともに、高校生にできることは何かを探ることを目的とした講義でした。愛媛大学名誉教授藤目節夫先生による「まちづくりの主役はだれか:行政参加のまちづくり」というテーマで実施されました。講義の中で、「第1回観光甲子園」で最優秀を受賞した島根県の海士高等学校による実践事例も紹介されました。同じ高校生の取り組みをとおして、身近な問題として地域に対する主権者意識を高揚することができました。藤目先生の熱い語り口調は、体育館の寒さを忘れるくらいでした。

 

久万高原町で6月におこなわれる「畑野川竹灯篭まつり」では地元の上浮穴高校生も参加して、地域おこしに貢献していることも紹介されました(写真右は準備をしている様子)。かっこよく思えました。自分たちも何か地元に愛着を持って行動したいです(生徒感想)。


0

【1、2年生対象】「新聞の読み方講座」

 12月27日(木)の補習最終日、愛媛新聞社から講師の先生方をお招きして、「新聞の読み方講座」を開きました。この日の新聞を用いながら、旬の話題で社会を知るというワークショップを行い、新聞のよさを実感しました。

新聞の読み方講座1

10分でも新聞を読めるコツを教わります

新聞の読み方講座2

この日の新聞から気になる記事を見つけます

新聞の読み方講座3

選んだ記事をプレゼンします

新聞の読み方講座4

いよいよ壁新聞作りです

新聞の読み方講座5

アイデアを出し合います

新聞の読み方講座6

掲示してプレゼンします

新聞の読み方講座7

同じ新聞を読んでも興味や関心、解釈はさまざまです

 生徒の感想です。

  • 今の時代、ネットだけで情報は揃うと思っていたが、新聞には情報が細かく丁寧に書いてあって、見ているととても興味のある記事がたくさんありました。(1年・男子)
  • 家で新聞をとっているけれど、読んでいるのは父と母だけで私は見ていませんでした。今回、「流し読み」という1日10分で全ページを読む方法を知ったので、実践しようと思います。(1年・女子)
  • 今年は平成最後のお正月ということで、「平成時代のまとめ」の記事がたくさん出ていることに気付きました。新聞をじっくりと読むことがなかったので、これを機会に読む習慣を身に付けたいと思います。(2年・男子)
  • 同じ新聞でも人によって気になる記事が違うし、それに対する意見も様々なのだということがよく分かりました。また、タイトルの字体の違いにも気付き、他者に伝えるための工夫点も学ぶことができました。(2年・女子)
  • 時間内にプレゼンすることの大変さを実感しました。伝えたい内容が整理されていないと、相手にはうまく伝わらないので、普段からポイントを押さえて話す工夫がいると思いました。(2年・女子)
0

第3回防災避難訓練

 第3回防災避難訓練を、12月11日(火)の7時限目に実施しました。雨天のため体育館で全校生徒を対象に「未来の消防団加入促進事業」と題した講話、体験活動が行われました。
 3年生各クラス代表1名が、ホース展張・搬送活動を体験しました。重たいホースをすばやく運び、延ばす作業は難しいようでしたが、生徒は消防団の方々の助言を聞きながら上手にこなしていました。
 大規模災害が予想される今日、地域防災の中核を担う消防団員の近年の減少、高齢化に歯止めをかけ、自助、共助の必要性を実感するためのよい体験活動でした。この体験を通じて、近い将来、本校卒業生が消防団に加入し、地域防災の強化、消防団活動活性化の担い手として活躍してくれることを期待したいと思います。
 

0

【総合的な学習の時間】2018年、ラストの活動!

 今年度からスタートし、週に2時間連続で実施している伊予高校の“総合的な学習の時間”。火曜日の午後は、校内のあちらこちらで活動しています。今日は、2018年の最後の活動日でした。その様子を少しだけお伝えします。

 異文化理解 ~英語を使って、外国の方と座談会~

【左】地域の昔話を伝えよう~調べ学習後の台本(紙芝居)を作成~
【右】健康は朝食から~栄養バランスを考えた調理実習~

映像でみる地域 ~校内でロケとナレーション録音~

【左】新聞記事から学ぶ~NIEを活用して活動~
【右】アンサンブルの楽しみ~音楽に親しんでいます~

【左】英語でオリジナルストーリーを作る~楽しく会話が弾んでいます~
【右】キイロショウジョウバエの飼育~実験には手先の器用さが必要~

 他にもあわせて、後期は33のグループが活動しています。年度末には、総合学習の成果発表会を行う予定(3月16日)です。

0

サタデースクール(進路別講演会)

 12月8日(土)のサタデースクールで、進路別講演会を実施しました。
高松高等予備校、河原学園、ポリテクカレッジから講師の先生をお招きし、
大学、専門学校、職業能力開発大学校、
それぞれ個々の進路実現に向けて、今、何をすべきか考えました。

大学進学希望講座および専門学校進学希望講座


職業能力開発大学校進学希望講座

 講演会後は、振り返りシートを記入し、
進路実現のために今日から実行することや
冬休みを利用してしなければならないことを深く考えることができました。

0

【2年生】デートDV講演会

 

12月6日(木)ホームルームの時間に、講師をお招きして「デートDV」に関する講演会を実施しました。若者の間で発生している「デートDV」について、自らにとっても身近な人権問題であることを理解するとともに、人と人とのよりよい関係を築くための基本を改めて学びました。

 事例紹介では、男女交際の在り方について、問題点や対策を意見発表しました。

 (生徒の感想より)
・男女交際は、お互いが笑顔になれないと楽しめないし、精神的に苦しいと思うので 二人の価値観や個性を大切にして、付き合っていくのが一番だと感じた。(男子)
・日本は男女の格差が強い国だということを知って、自分は納得した。男女の格差を急に無くすことは難しいことだけど、男女の差を超えて対等に付き合っていけるようにしたい。(男子)
・今回の講演会でデートDVについて学び、自分の考えや気持ちを相手に押しつけるのではなく、 対等な関係を築いて行くべきだと思いました。(女子)

0

【書道部】書の甲子園大賞受賞

 書の甲子園(第27回国際高校生選抜書展)で本校3年矢野菜々美さんが大賞を受賞しました。書道部の団体四国地区準優勝と一緒に11月28日付毎日新聞に記事が掲載されました。

毎日新聞デジタル版で見ることができます。

 入賞入選作品は1月29日から2月3日まで天王寺にある大阪市立美術館に展示されます。 

取材の様子

団体 四国地区準優勝

個人 大賞 3年 矢野菜々美

入選 3年 髙橋 舞、松木 葵、長山正人

2年 濵矢結衣、手嶋日菜、大森玲奈、田中柚子、山下加乃、澤井愛美、本川日向子

1年      今井美月、水口藍璃

0

【総合的な学習の時間】【生活健康】松山盲学校訪問

 総合的な学習の時間「ノーマライゼーションを学ぼう」班です。私たちは、みんなが一緒に生活するために大切なこと知り、必要なことを考えようと、そのスタートとして障がいをもった方々、性的少数者の方々について理解を深めようとしています。

 今回は、松山盲学校に訪問させていただきました。松山盲学校では、先生ではなく私たちと同じ高校生のお二人が普段使っている点字盤や拡大教科書、拡大機器の紹介をしてくれました。全盲弱視体験として、ガイドヘルプをしながら校内を歩く経験もさせてもらいました。お二人の楽しい掛け合いで、点字の打ち方や機器の使い方を説明してくれたり実演してくれたりしたので、とても分かりやすくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

~生徒の感想より~
・インターネットや本で調べても実際に体験してみないと分からなかったことがあったり、新しく学んだことがあったりして、貴重な体験をすることができました。
・自分の名前を点字盤で打ってみて、実際に盲学校の生徒さんに読んでいただきました。スラっと点字を読んでいて、すごいと思いました。
・点字盤や拡大教科書を実際に使って、盲学校の生徒さんの普段の授業を知ることができ、良い体験ができました。

0

平成30年度「税を考える週間」作品展 税に関する五七五 表彰

 

平成30年度「税を考える週間」作品展(主催:松山地区租税教育推進協議会)税に関する五七五で、1年生の安藤佳乃さんが、松山地区租税教育推進協議会会長賞を受賞し、11月26日校長室にて、松山税務署副署長より表彰されました。近く、校内にポスターも展示されるので、ぜひ見てください。

0

松前町オリジナルナンバープレート表彰

 

 11月26日に松前町オリジナルナンバープレートの応募作品の表彰が行われました。
 本校の税田天音さんの作品が、優秀作品(高校生部門)に選ばれ、松前町長より直接表彰されました。

税田さんの作品紹介

松前町長さんから、直接表彰されました。

受賞者の皆さんで記念撮影です。

0

【総合的な学習の時間】【生活健康】車椅子での移動やブラインドウォークを体験

 総合的な学習の時間「ノーマライゼーションを学ぼう」班です。私たちは、みんなが一緒に生活するために大切なこと知り、必要なことを考えようと、そのスタートとして障がい者、性的少数者について理解を深めようとしています。
 今回は、一般的な車椅子、電動車椅子を使っての移動と、アイマスクをして移動するブラインドウォークを体験しました。車椅子で移動してみると、歩きやすいと思っていたアスファルトの道路も、ちょっとした段差や、傾いている場所があることに気づきました。アイマスクをしていると、どこを歩いているのか分からなくて不安になりました。

 途中で、松前町ふれあいライブラリーにお邪魔しました。アイマスクをしていると、普段は気づかない点字ブロックの大切さが分かりました。また、身障者用トイレの広さや手すり、洗面台のつくりが、車椅子で利用するためには本当に必要であることも実感しました。
 次回は、今回の体験をもとに、バリアフリーについて考えてみようと思います。

0

【総合的な学習の時間】【地域】動画を利用した作品づくりに挑戦中

 総合的な学習の時間「動画で見る地域」班です。私たちは、1・2年生38名を5つのグループに分け、「校外コンテストに挑戦」というテーマで活動しています。
前期から活動している2年生は、“ふるさとCM大賞えひめ2019”に出品する作品を作りました。撮影の様子(左)とCMの1コマ(右)です。30秒という限られた時間に、必要な情報を入れることの難しさを感じることができました。松前町のPRに一役買えたらと思います。

 そして、文化祭で総合的な学習の時間の成果発表をしました。
タイトルは「お笑い芸人“和牛”から伊予高生へメッセージ」。生徒会、放送・IT部と協力したこの企画で、私たちは動画の編集作業を担当しました。イメージ映像(左)を撮影したり、テロップを入れたり(右)、VTRの仕上げの作業をしました。

 また、後期から活動を始めた1年生は、松前町役場周辺で取材活動を行いました。庁舎をバックにしたレポート撮影とふるさとライブラリーで調べ活動をしました。何度も撮影したり、原稿を間違えたり苦労も多かったです。
 

後期の活動では、それぞれのグループが1つの作品を仕上げ、コンテストに応募する予定です。
  

0

サタデースクール「小論文の書き方」講演会

 11月10日(土)サタデースクールでは、講師をお招きして「小論文の書き方」に関する講演会を実施しました。小論文を書く意義について、これまで意識することはあまりありませんでした。しかし、「文章によるコミュニケーション力」として、身に付ける必要があると改めて実感することができました。また、課題文型・問題解決型・テーマ型など、出題パターンによる文章の展開方法についても詳しく解説していただいたので、今後に生かしたいと思いました。

< ワークシートに取り組む様子>

<振り返りの時間> 

0

平成最後の文化祭!

 11月6日(火)、快晴の下、文化祭を実施しました。保護者の方々、地域の方々、1、2年生の職場体験学習でお世話になった方々をはじめ、多数の方々に御来校いただき、本当にありがとうございました。日頃の学習活動や部活動の成果を御覧いただいたことに深く感謝いたします。

1 全体会の部(体育館)

(吹奏楽部:さすが全国大会出場校!素晴らしい演奏で開幕です。)

(長谷川先生の粋な計らいで、指揮者体験が今年もできました。)

(各学年の音楽選択生による合唱)

(演劇部:「私と天使と、ときどき、シロアリ」)

★「総合的な学習の時間」の講座別発表
(地域の昔話を伝えよう講座:全体発表会の内容からバージョンアップした内容で発表しました。)
 
(動画でみる地域講座:9月25日にお越しいただいた「和牛」のお二人にお願いをして伊予高生へのメッセージVTRを制作しました。取材と編集は、生徒会と放送IT部、薬眞寺先生に御協力をいただきました。) 

★1年生職場体験学習発表会

(学年全体の発表会で代表になった2班がプレゼンテーションをしました。)

2自由部門
〈書道部〉

(中庭での書道パフォーマンス。今年も見事でした。)
〈茶道部〉

(1年生男子がお点前に挑戦しました。)

生徒会

(今年も東北の復興支援に協力をしました。震災復興をテーマにした映画も上映しました。)

クラス企画の一例

(2年5組:「伊予高マーケット」1年次にお世話になった地域の企業様に御協力をいただき、商品の提供をしていただきました。売り上げは、日本赤十字社の『平成30年7月豪雨災害義援金』に募金します)

(1年2組:射的・・・童心に返って盛り上がりました。)

(2年3組:伊予高生の主張・・・いろいろな主張が聞けて面白かったです。)

(2年8組:食物バザー・・・もどき焼き。怪しげなネーミングで集客しました。)
その他、1年生の職場体験学習の展示やPTAバザーなど様々な企画があり、充実した1日でした。来年も頑張ります!

 

0

【1年生】総合的な学習の時間「学部・学科から考える科目選択」講演会

 10月30日(火)の総合的な学習の時間に、「学部・学科から考える科目選択」を実施しました。講師をお招きして、様々な学部・学科と必要科目について詳しく説明していただきました。今まで意識しなかった視点からも自己認識を深め、進路選択につなげていく必要があると感じました。

<学年主任から>講話を聴く上での心構えについて

<教務課長から>教科・科目選択について

 <講師の方から>ワークシートを用いた自己の興味・関心の振り返りと、学部・学科及び必要な科目について

0

高松大学・高松短期大学主催第35回近県高等学校英語弁論大会に参加して

 英語弁論大会に出場して、自分自身の英語力を高めることができました。中学生の時にも地元の大会に出たことがありましたが、高校生の部となるとレベルがやはり高かった。残念ながら賞を取ることはできませんでしたが、人前に立ち自分の英語を表現できるよい機会でした。来年も出場し優勝したいと思います。(2年 坂見)

0

2年生サタデースクール-小論文講演会

 10月13日(土)、1限の選択科目の学習後、第一学習社から神田利昭先生をお招きし、体育館で小論文講演会を実施しました。8月に実施した小論文模試の振り返りを兼ねて、さらにより良い小論文を書くには、どのようなポイントを注意すればよいか、説得力のある文章を書くためにはどのように情報を収集すればよいか等のアドバイスをいただきました。新聞記事や「新書」が大学の入試問題に使われていることが分かったので、「朝読」や今後の学習に活用できそうです。

(資料を活用して分かりやすい説明をしてくださる神田利昭先生)

必要な箇所にチェックを入れたり、メモを取ったりポイントが分かりやすいお話でした。

0

新3年生(現2年生)教育課程説明会

 10月11日(木)7限、来年度(3年次)の教育課程(科目選択等)についての説明会を実施しました。現2年生は、最後のセンターテスト受験生となります。2020年度の大学入試の改革を前に、従来とは違った科目選択ができるようにして、一人一人の進路目標の達成がより良くできるように変更をする予定です。

(教務課長からの説明を真剣に聴いている2年生)

悪天候にもかかわらず、100名を超す保護者の方々がお越しくださいました。

日頃の教育活動への御理解、御協力をありがとうございました。

0

赤い羽根共同募金ボランティア

 10月7日(日)に、松前町社会福祉協議会の方々や松前中学校の生徒の皆さんとエミフルMASAKIで赤い羽根「共同募金」のボランティア活動に参加しました。青少年赤十字部の部員や1、2年生の有志が参加しましたが、天候にも恵まれ、三連休の中日ということもあり、たくさんの募金が集まりました。初めてボランティア活動に参加する人もいましたが、時間とともに大きな声で募金をお願いできるようになり、結果としては例年よりも多くの募金が集まったとのことでした。

(募金に協力してくださった買い物客の方々)

(ボランティアスタッフの方々のお手伝い)

募金活動に御協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
機会をどんどん設け、いろいろなボランティア活動に参加していきたいと思っています

0

お笑い芸人「和牛」の水田さん、母校を訪問!

9月25日(火)、総合的な学習の時間成果発表会が終わった後、
お笑い芸人「和牛」のお二人が、サプライズで登場!
「和牛」の水田信二さん(左)は、本校の14期生です。
生徒会長を中心に以前から来校をお願いしていましたが、やっと夢が実現しました!

(突然の登場に歓喜する伊予高生)

「つるの恩返し」等の昔話をネタにした漫才を披露していただき、質問コーナーでは、水田さんや相方の川西賢志郎さんの高校時代のお話や「まなみちゃんネタ」をしていただきました。

(漫才の様子)

(花束贈呈の様子。

M1グランプリの頂点を取り、もう一度凱旋すると約束!)

その後、生徒会の役員の生徒と座談会を行いました。
「伊予高生へのメッセージ」をいただいたので、文化祭でそのときの内容をお伝えする予定です。

(お二人からの、ためになるお話に聞き入る生徒会役員)

 (サインを手に、記念撮影)

この様子は、今週12日(金曜日)の深夜、(再放送は、14日(日曜日)のお昼12:55)
南海放送「和牛のA4ランクを召し上がれ!」の中でOAされます。

タイトルは
水田、母校に帰る! ~伊予高校女子生徒会長の想いに和牛が応えます~

ぜひご覧ください。

 

0

「総学」成果発表会を行いました。

 9月25日(火)の午後からの総合的な学習の時間において、2・3年生が、前期の活動の成果を発表しました。
 本校は、今年度より、総合的な学習の時間は探究活動を行っています。前期は2・3年、後期は1・2年が活動を行います。
 当日は、10の講座が体育館ステージで発表をしました。様々なテーマの発表を生徒たちは興味深く聞いていました。

0

【1年生】進路講演会 - 進路適性検査の振り返り-

 9月20日(木)のホームルーム活動の時間に、「進路適性」に関する講演会を実施しました。
 一人ひとりに返却された適性検査結果表には、「現実的」「研究的」「芸術的」「企業的」「慣習的」「社会的」といった自己の傾向が記されています。その結果を基に、どのような職種に向いているか、ワークシートで考えを深めたり周りと感想を述べ合ったりしながら講義を聴きました。今まで知らなかった新たな職種や、自分の意外な適性にも気づくことができ、実りある時間となりました。

〈講義を聴く様子〉
  

〈ワークシートに取り組む様子〉
 

0

【1年生】職場体験成果発表会、教科・科目選択及び教育課程説明会

「職場体験成果発表会」と「教科・科目選択及び教育課程説明会」を行いました。

 9月18日(火)の5限目に、代表6グループによる「職場体験成果発表会」を行いました。短い準備期間でしたが、プレゼンテーションソフトを使って文字や写真の入ったスライドを作成し、昼休みや放課後にリハーサルを重ねるなど、メンバーで協力しながら集中して取り組みました。本番は、1年生と保護者、そして事業所の方たちの前で落ち着いて堂々と発表することができました。
 続いて6限目に、「教科・科目選択及び教育課程説明会」を行いました。進路について、一人ひとりしっかり考えていかなければならないことを実感しました。

 

0

運動会

 9月12日、第36回運動会を行いました。今年のテーマは『鑑』。青海、白嶺、紅陽、緑雲の4つのグループが多彩なプログラムで競い合いました。天候が心配されながらの開催でしたが、生徒たちは全てのプログラムで力いっぱいの姿を見せてくれました。
応援に来てくださった保護者の皆様、地域の皆様、ありがとうございました。

0

過去の記事

平成30年度(2018年度)

2018/4/23 - 05/21
2018/05/21 - 09/28

平成29年度(2017年度)

2017/02/14 - 05/20-
2017/05/21 - 09/12-  運動会1 運動会2
2017/09/15-11/07
2018/03/28 - 2017/11/09

平成28年度(2016年度)

2016/04/20 - 05/18-
2016/05/18 - 05/19-
2016/05/19 - 05/22-
2016/05/22 - 06/24-
2016/06/27 - 08/22-
2016/08/23 - 10/21-
2016/10/26 - 2017/02/03-

平成27年度(2015年度)

2015/03/16 - 05/01- 2015/05/07 - 05/20-
2015/05/20 - 06/01-
2015/06/02 - 06/25
2015/06/25 - 07/15-
2015/07/16 - 09/25-
2015/09/28 - 11/10-
2015/11/12 - 2016/02/01-
2016/02/03 - 04/20-

平成26年度(2014年度)

2014/04/12 - 07/09-
2014/07/10 - 09/11-
2014/09/12 - 12/19-
2014/12/24 - 2015/03/13-

0