伊予高日誌

家庭科 和菓子甲子園 中四国大会へ

 3年生の2名1組が、全国菓子工業組合連合会青年部主催の第10回和菓子甲子園に出品し、愛媛県代表に選ばれ中四国大会に出場します。今年の和菓子甲子園のテーマは「新元号『令和』にちなんだ和菓子」です。

令和の御世に、今までの自分をこえて新しい可能性を発揮したいという思いを込めて作りました。出来上がった飴細工は、古典の授業で習った華やかな「綺羅」という言葉を連想させ、中の和菓子には万葉集の和歌の中から「少女(をとめ)」という一節を見つけ、「綺羅の少女(をとめ)」と名付けました。
中の二層の和菓子の上段は、万葉集の序文にある梅から発想した梅酒を使った羊羹です。色鮮やかな令和慶祝カラーの「梅色」を取り入れ、視覚でも楽しめます。下段の浮島には、緑色の「空豆の甘露煮」を混ぜ込み柔らかい羊羹と浮島にアクセントを加えています。また、浮島に「裸麦」を加えたことでモチモチとした食感を味わえます。「空豆」と「裸麦」は、どちらも伊予高校のある松前町の特産品であり、地域のアピールにも貢献できるように考えました。中の和菓子でまだ見ぬ可能性を秘めた未来を、外側の飴細工で光り輝く希望を表現しています。

 中四国大会は、岡山県で試食審査があり、先日、作品を7点提出しました。全国大会にも出場できるように心を込めて作りました。

0

第2回高校見学会を開催しました

6月29日(土)、中学3年生の皆さんを対象に、体験授業及び校内施設見学を行いました。
雨上がりの多少蒸し暑い中、中学3年生の皆さん、保護者の方々およそ110名にご来校いただきました。

体験授業では、参加した中学生は緊張感をもって授業に臨み、伊予高校の勉強にしっかり取り組む雰囲気を感じ取っていました。参加くださった中学生及び保護者の皆さん、ありがとうございました。
 
次回は、第3回高校見学会(部活動体験・見学会)
7月26日(金)午後 ※各中学校の進路担当の先生を通じてお申込ください。

たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

0

3年生 高校生選挙啓発講座

令和元年6月20日(木)のホームルーム活動の紹介です。
今日の活動は、主権者教育の一環として、
愛媛県選挙管理委員会、松前町選挙管理委員会の方を本校に迎え、
高校生選挙啓発講座を行いました。

クイズで盛り上がりながら選挙について学びました。
全問正解とはいかなかったですが、知らないことばかりで勉強になりました。

わかりやすいアニメ動画や講義に耳を傾けています。


私たちが近い将来、投票を行うにあたり、
選挙のルールについて正しく知ると同時に、
有権者としての心構えをもつことができました。

<生徒の感想より>
・私も近々18歳になる身であるので、
有権者になるという意識が日々高まりつつあります。
投票に行く前に、今日の講演の内容を思い出し、
社会や政治についての知識を蓄えてから臨みます。(男子)
・今回の講座を受けるまで、
自分自身が選挙のことを考えなければならない時期は
もっと遠い未来のこととして捉えており、主権者としての自覚が持てずにいました。
しかし、もう今年から私たちが投票を通して代表者を決め、
自分達の将来を主体的に考えるべき存在になっていることに気づきました。
投票に行く時には、
今までより強い責任感を持って参加できるようになったと思います。(女子)

0

あいテレビの取材を受けました

 令和元年6月11日(月)、本校のICT機器を活用した授業が、あいテレビの取材を受けました。
 授業のテーマは、「SDGsの視点で考える愛媛の課題とこれから」です。

 タブレット端末を活用し、グループ内で互いにプレゼンを行いました。

 放送予定は、6月25日(火) 18:54からです。

0

『未来を変える目標 SDGsアイテ゛アフ゛ック』英語版 翻訳フ゜ロシ゛ェクトに参加

JICAが編集協力されている『未来を変える目標SDGsアイデアブック』を40冊、一般社団法人Think the Earth様から寄贈していただきました。

 

 また、1年生から3年生まで24名の有志の生徒がこの『未来を変える目標SDGsアイデアブック』を英語に翻訳していくプロジェクトに参加表明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 このプロジェクトの参加を通して、英語の実力を伸ばすとともに、世界の抱える課題や日本国内の取組について理解を深め、世界に情報発信していってくれると思います。

0