芸術クリエーションコースブログ

【芸術】(音楽)レッスン風景

 NHK交響楽団フルート奏者 菅原 潤先生による特別講習がありました。

 伊予高校の芸術クリエーションコース<音楽>では、一流の先生方から直接指導を受ける機会があります。音楽大学に進学したい生徒も、そうではないけれど音楽が大好きで、高い技術を身に付けたいと考えている生徒もこのコースを選ぶことができます。今回はピッコロの名手としても知られるNHK交響楽団フルート奏者 菅原 潤先生によるレッスンが行われました。
 楽器の奏法について、どこにいても入手できる情報量は多いですが、このように第一線で活躍する講師、プロのオーケストラ奏者からも尊敬を集める演奏家に、姿勢や構え方、楽器のセッティングなど、細かくチェックしていただく機会は大変貴重です。
 簡単なソロ曲、そして先生とデュエットまでさせていただいて、感激の様子でした。

0

【芸術】1年生書道Iの授業で拓本を採りました。

 石などに彫られた文字を紙に写しとったものを「拓本」といい、書道の学習では欠かせないものです。毎年、一年生書道選択生徒は芸術の授業で校内の碑(いしぶみ)を採択します。今年も挑戦しました。
生徒の感想:初めて採ってみて思ったより難しかった。紙を濡らし、のばして張るのが難しかった。タンポの力加減が難しかったが、できてよかった。紙が破れてしまったけれどきちんと採拓できた。

0

【芸術】校内展示作品の紹介

 現在、芸術クリエーションコースでは2年生が週5時間の授業を行っています。校内には様々な芸術(生徒)作品を展示していますが、今後コース生徒の作品もどんどん展示していく予定です。現在2014年?2017年全国高等学校総合文化祭書道部門に愛媛県代表として出展した作品5点を展示していますので紹介します。
普通教棟3階から4階に上がる階段の踊り場に展示。中国唐時代の顔真卿の書を臨書したもの。
書道の紙で言うと3×6尺サイズ(172×87cm)の大作で迫力ある筆使いが印象的。
昨年の夏、宮城県仙台市で行われた全国総文祭で特別賞を受賞。

0