探Qブログ

異文化理解講座-地球の料理教室-

後期探Q活動「異文化理解講座」です。

11月10日(火)の活動は、地球の料理教室でした。

この教室は、高校生に協力隊隊員OVが任国の料理を紹介し、

一緒に調理して食を通じて国際理解を図る活動です。

 

青年海外協力隊としてパラグアイで活躍された恒成様をはじめ、

愛媛県青年海外協力隊を育てる会の方を講師としてお招きし、メキシコ料理を作りました。

メキシコ料理は、2010年にユネスコの無形文化遺産に登録され、

伝統的な食文化が高く評価されているそうです。

今回作ったのは、メキシコ料理の“タコス”。

トルティーヤ、メキシカンチキン、ワカモレ、メキシカンサルサに挑戦しました。

 

日本と違うところ、日本に似たところを食を通じて体感し、

協力隊OVの方からパラグアイの生活の説明、現地での体験談を聞くことで、

よりその国について理解を深めることができた貴重な時間となりました。