【総合的な学習の時間】【生活健康】車椅子での移動やブラインドウォークを体験

 総合的な学習の時間「ノーマライゼーションを学ぼう」班です。私たちは、みんなが一緒に生活するために大切なこと知り、必要なことを考えようと、そのスタートとして障がい者、性的少数者について理解を深めようとしています。
 今回は、一般的な車椅子、電動車椅子を使っての移動と、アイマスクをして移動するブラインドウォークを体験しました。車椅子で移動してみると、歩きやすいと思っていたアスファルトの道路も、ちょっとした段差や、傾いている場所があることに気づきました。アイマスクをしていると、どこを歩いているのか分からなくて不安になりました。

 途中で、松前町ふれあいライブラリーにお邪魔しました。アイマスクをしていると、普段は気づかない点字ブロックの大切さが分かりました。また、身障者用トイレの広さや手すり、洗面台のつくりが、車椅子で利用するためには本当に必要であることも実感しました。
 次回は、今回の体験をもとに、バリアフリーについて考えてみようと思います。