【1、2年生対象】「新聞の読み方講座」

 12月27日(木)の補習最終日、愛媛新聞社から講師の先生方をお招きして、「新聞の読み方講座」を開きました。この日の新聞を用いながら、旬の話題で社会を知るというワークショップを行い、新聞のよさを実感しました。

新聞の読み方講座1

10分でも新聞を読めるコツを教わります

新聞の読み方講座2

この日の新聞から気になる記事を見つけます

新聞の読み方講座3

選んだ記事をプレゼンします

新聞の読み方講座4

いよいよ壁新聞作りです

新聞の読み方講座5

アイデアを出し合います

新聞の読み方講座6

掲示してプレゼンします

新聞の読み方講座7

同じ新聞を読んでも興味や関心、解釈はさまざまです

 生徒の感想です。

  • 今の時代、ネットだけで情報は揃うと思っていたが、新聞には情報が細かく丁寧に書いてあって、見ているととても興味のある記事がたくさんありました。(1年・男子)
  • 家で新聞をとっているけれど、読んでいるのは父と母だけで私は見ていませんでした。今回、「流し読み」という1日10分で全ページを読む方法を知ったので、実践しようと思います。(1年・女子)
  • 今年は平成最後のお正月ということで、「平成時代のまとめ」の記事がたくさん出ていることに気付きました。新聞をじっくりと読むことがなかったので、これを機会に読む習慣を身に付けたいと思います。(2年・男子)
  • 同じ新聞でも人によって気になる記事が違うし、それに対する意見も様々なのだということがよく分かりました。また、タイトルの字体の違いにも気付き、他者に伝えるための工夫点も学ぶことができました。(2年・女子)
  • 時間内にプレゼンすることの大変さを実感しました。伝えたい内容が整理されていないと、相手にはうまく伝わらないので、普段からポイントを押さえて話す工夫がいると思いました。(2年・女子)