【総合的な学習の時間】【生活健康】松山盲学校訪問

 総合的な学習の時間「ノーマライゼーションを学ぼう」班です。私たちは、みんなが一緒に生活するために大切なこと知り、必要なことを考えようと、そのスタートとして障がいをもった方々、性的少数者の方々について理解を深めようとしています。

 今回は、松山盲学校に訪問させていただきました。松山盲学校では、先生ではなく私たちと同じ高校生のお二人が普段使っている点字盤や拡大教科書、拡大機器の紹介をしてくれました。全盲弱視体験として、ガイドヘルプをしながら校内を歩く経験もさせてもらいました。お二人の楽しい掛け合いで、点字の打ち方や機器の使い方を説明してくれたり実演してくれたりしたので、とても分かりやすくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

~生徒の感想より~
・インターネットや本で調べても実際に体験してみないと分からなかったことがあったり、新しく学んだことがあったりして、貴重な体験をすることができました。
・自分の名前を点字盤で打ってみて、実際に盲学校の生徒さんに読んでいただきました。スラっと点字を読んでいて、すごいと思いました。
・点字盤や拡大教科書を実際に使って、盲学校の生徒さんの普段の授業を知ることができ、良い体験ができました。