【芸術】1年生書道Iの授業で拓本を採りました。

 石などに彫られた文字を紙に写しとったものを「拓本」といい、書道の学習では欠かせないものです。毎年、一年生書道選択生徒は芸術の授業で校内の碑(いしぶみ)を採択します。今年も挑戦しました。
生徒の感想:初めて採ってみて思ったより難しかった。紙を濡らし、のばして張るのが難しかった。タンポの力加減が難しかったが、できてよかった。紙が破れてしまったけれどきちんと採拓できた。