【芸術】仮名の書 授業の成果 その1

 仮名の書の授業では、1学期の間を通じて古筆の臨書に取り組みました。 

 制作風景と高野切第三種の臨書作品です。
 高野切は平安時代に書かれた、現存最古の古今和歌集の写本です。仮名の書を学習する者にとって、必修のお手本とされている名品です。
 静かに古筆に向かい、王朝人の息遣いを感じることができました。
 初めて挑んだ古筆臨書。緊張の後がうかがえます。