ようこそ、愛媛県立伊予高等学校公式WebSiteへ
魅力ある“伊予の国の IYOKO ”を目指して
〜知性・若さ・規律・思いやり・創造力でチャレンジ!!〜
I ntelligence   Y outh   O rder   K indness   O riginality

新着
第43回全国高等学校総合文化祭書道部門で本校3年生山下加乃さんが特別賞(菅公賞)を受賞、全国展300点の展示作品の中、上位20点に選ばれました。作品名は「臨書 東方朔画賛四屏(とうほうさくがさんしびょう)」中国清時代の呉煕載(ごきさい)(呉譲之(ごじょうし))の書を2×8尺の紙に臨書したものです。昨年秋の高文祭で県代表5点に選ばれ、春休みに書き上げました。7月28日~31日佐賀県唐津市で行われた2019さが総文に参加し、全国から集まった300人の生徒たちと交流しました。
 9月15日(日)、「第32回伊予高校芸術発表会 アイレックス コンサート」を開催します。場所は、例年と違い、松山市民会館大ホールとなります。座席数の関係により、入場整理券(全席指定・無料)が必要ですのでご注意ください。入場整理券は伊予高校正面玄関前にて、以下の日時で配布いたします。 配布日 時間帯 更新予定枚数 備考  8月 31日(土)   10:00 ~ 15:00    200枚  お一人様最大4枚まで無くなり次第終了となります。    9月 1日(日) 150枚※  9月 7日(土) 100枚※  9月 8日(日) 50枚※ ※各配布日に余った入場整理券は、翌配布日に繰り越します。  
 こんにちは!自然科学部です。 松前町内にある『ひょこたん池』で水生生物調査を行ってきました。『ひょこたん池』は、重信川流域に数多く湧き出す泉のひとつで、多くの水生生物が生息しています。『ひょこたん池』の生態系を崩さないように気をつけて、一般的な網を使って水生生物を採捕しました。(事前に松前町役場の許可をいただきました。)  今回は、大人数で水の中に入って調査をしたので、生物たちはびっくりして逃げたり隠れたりしてしまったかもしれません。どのような方法で調査をすれば、より多くの生物を確認することができるのか。生息している生物の種類や数に変化はあるのか。今後の課題が多く見付かった活動となりました。
和 楽 園 《期間》    令和元年 7月22日(月)~26日(金)《時間》    13:00~16:00《参加人数》   22人《内容》    清掃、交流 清掃をしている最中に何度も高齢者の方々が「ありがとう」と言って優しく迎えてくださりました。大正琴を教えていただいたり、将棋の相手をしていただいたり、一緒に英語の勉強をしたり、貴重な体験になりました。すごく元気な高齢者の方々に元気をもらいました。

伊予高日誌

3年生 志望理由書の書き方講座

令和元年7月11日(木)のホームルーム活動の紹介です。
今日の活動は、大学・専門学校へ進学を希望する生徒、就職・公務員を希望する生徒に分かれての志望理由書の書き方講座でした。

進学を希望する生徒の活動の様子です。リクルートの方をお招きし,志望理由書の書き方についてお話をいただきました。

受験に際して志望理由書をどのように書いたら良いのかを分かりやすく解説され、
生徒たちも頷きながら聴いていました。

就職活動・公務員試験に向けての取り組み方や、面接の受け方、履歴書の基本を学びました。

企業が求める人材像や、就職活動をおこなっていく上でのポイントを押さえ、
就職活動の流れやルールなどについて学び、
目の前に迫った就職活動に向けての準備が始まりました。

0

2学年 オープンキャンパス事前指導を行いました

期末考査最終日の6月28日(金)、2年生を対象にオープンキャンパス事前指導を行いました。
この夏休みを利用して、県内外へのオープンキャンパスに積極的に参加してほしいと思います。

[生徒感想]
・この講座を受けて、オープンキャンパスで得られるものが山のようにあることが分かった。今までオープンキャンパスに興味がなくて、一つの大学だけ行けばいいと思っていた。しかし、何校か比較することでその大学の良さが詳しく分かると知ったので、いろいろと考えて複数の大学に行こうと思った。(男子)
・私の第一志望の大学は東京にあります。長期休業中とはいえ、時間もお金もかかるのでオープンキャンパスへの参加は難しいと思っていました。しかし、実際に行ったからこそ分かることがあると聞き、何としてでも行かなければと思いました。様々な科を見てきたいと思います。(男子)
・大学の選択を間違わないためには、学べる内容を調べること、実際に大学へ行ってアクセスの良し悪しや雰囲気を確認すること、先輩の話を聞くことがとても大事だと分かった。自分が何を学びたいのか、将来何をしたいのかを明確にすることが大切だと思った。(女子)
・「私はこの大学は無理だから…」と言って諦めていたが、オープンキャンパスに参加する真の意義を理解できたので、もっと自分と向き合おうと強く思った。(女子)

 

0