愛媛県立伊予高等学校
 
本日までの来訪者760857

ようこそ愛媛県立伊予高等学校公式WebSiteへ

 

不審な電話にご注意ください!

 同窓会事務局や、伊予高校事務を名乗り、卒業生に同窓会名簿の住所等を確認する電話がかかっています。同窓会事務局から電話で個人に名簿の内容を確認することはございません。本校同窓会事務局や伊予高事務とは無関係なものですので、くれぐれもご注意ください。

 

魅力ある“伊予の国のIYOKO”を目指して

〜知性・若さ・規律・思いやり・創造力でチャレンジ!!〜

Intelligence   Youth   Order   Kindness   Originality


 本校は今年度入学生より、従来の類型の中に、「芸術クリエーションコース」と「地域イノベーションコース」の2つのコースを新設いたします。

 詳しくはこちらをご覧ください。

伊予高校新コース概要

画像をクリックすることでPDFファイルをご覧になることができます。

 「新コース」のページを設けました。こちらをご覧ください。(平成28年11月8日追加)

 

 県立学校、中等教育学校の魅力ある活動を集めました。こちらのページをご覧ください。

県立高校・中等教育学校魅力化の取組

 

新着情報

 
伊予高日誌 >> 記事詳細

2017/10/11

特別講座 高大(専門学校、自衛隊、警察)連携講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

10月5日(木)9:30 - 11:20 1年生 各教室

 本校は、今年度入学生(現1年生)から「地域イノベーションコース」と「芸術クリエーションコース」を設けるため、例年よりも文理選択の時期が早くなっています。そこで、今後のコース選択に役立てようということで松山大学から3名、河原医療大学校から3名、松山ビジネスカレッジから1名、自衛隊愛媛地方協力本部から1名、警察関係から3名(本校卒業生)の講師の先生方にお越しいただき、お話を伺いました。講義の内容は、それぞれの分野の専門的なものから現代社会の問題となっている「少子高齢化社会」、「まちづくり(地域創生)」、「家族問題」等々多岐にわたるものでしたが、非常に参考になりました。

テーマ: 「少子高齢化社会」
講師:松山大学 人文学部 教授(副学長)   中谷 陽明 先生
 具体的な統計資料を基に、少子高齢化が社会に与える問題点について学習しました。
 
テーマ: 「私の体験的まちづくり試論」
講師:松山大学 法学部 准教授   甲斐 朋香 先生
 アートとコラボした具体的な実践内容は、「地域イノベーションコース」と「芸術クリエーションコース」での学習活動の参考になることでしょう。
 

テーマ: 「法の視点から『家族』について考えてみよう」
講師:松山大学 法学部 准教授   水野 貴浩 先生
 普段考えたこともない「姓」に関する法律や人権について考えさせられた時間でした。
 
テーマ: 「看護の仕事・看護の現場」
講師:河原医療大学校 看護学科   林 由紀 先生
 看護師の仕事内容や課題について学習後、血圧測定や脈拍測定をさせてもらいました。
 
テーマ: 「各ステージでの理学療法」「筋膜リリースと柔軟性」
講師:河原医療大学校 理学療法学科   宇都宮 雅博 先生
 野球部のメンバーは、いつも以上に真剣でした。筋膜リリースの方法は、部活動でも役立ちそうです。
 
テーマ: 「リハビリテーションの役割」「リハビリにおける人体の不思議」
講師:河原医療大学校 作業療法学科   池之上 卓治 先生
 理学療法士と作業療法士の仕事の内容の違いがよく理解できました。
 
テーマ: 「高齢者社会と歯科衛生士の仕事」
講師:松山ビジネスカレッジ 歯科衛生学科  河端 浩美 先生
 高齢社会を迎え、歯科衛生士の果たす役割が変化していることを知りました。
簡単な口腔内ケアの実習後、質疑応答の時間を設けていただき、勉強になりました。
 
テーマ: 「安全に関する仕事」
講師:自衛隊愛媛地方協力本部 広報官  新山 哲平 先生、愛媛県警松山西署、伊予署の方々
 普段知り得ない自衛官の仕事や警察官の仕事を知り、驚きました。「安全・安心」な生活を人々が営むために、重要な役割を果たしていることがよく分かりました。

19:20 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
伊予高校前景
平成28年度重点努力目標
 
〒791-3102
愛媛県伊予郡松前町北黒田119番地2
Tel 089-984-9311
Fax 089-985-0622
 

年間行事予定一覧

このWebSiteは国立情報学研究所が次世代情報共有基盤システムとして開発したNetCommons2を利用しています。


このWebSiteは一部のコンテンツの閲覧にAdobe Readerが必要です。