お知らせ

 私たち女子テニス部は、ハードコート(2面)という恵まれた環境の中で、顧問の先生のご指導のもと、日々練習に励んでいます。放課後や休日の限られた時間を効率よく活用するために、少人数のグループに分かれて、コート内外で声を出しながら元気に活動をしています。


主な活動

2019年夏季ジュニアテニス選手権愛媛県大会(個人戦ダブルス)

〇高岡・松本
〇1回戦6-2松山中央,2回戦3-6新田 [ベスト32]

令和元年度愛媛県高等学校新人大会中予地区予選(団体戦)

〇1回戦4-1東温,2回戦0-4済美
〇代表決定戦3-0松山商業" [県大会出場]

令和元年度愛媛県高等学校新人大会 愛媛県大会

〇(団体戦)1回戦3-2松山商業,2回戦0-4新田[ベスト16]

〇(個人戦ダブルス)高岡・松本1回戦6-4川之江,2回戦2-6松山東 [ベスト16]

2019年度第19回冬季ジュニアテニス大会中予地区予選
  (個人戦シングルス) 久保

〇 本戦:1回戦6-0松山中央,2回戦6-1東温、準決勝:2-6済美 [第3位][県大会出場]

(個人戦シングルス) 谷
〇 本戦:1回戦6-2松山南,2回戦6-4松山東
〇 準決勝:2-6松山北 [第3位][県大会出場]

2019年度第19回冬季ジュニアテニス愛媛県大会
  (個人戦シングルス) 谷

 予選リーグ3勝
〇 1位トーナメント 準々決勝6-4松山中央,準決勝3-6松山北
〇 3位決定戦4-6大洲 [第3位]

(個人戦シングルス) 久保

 予選リーグ2勝1敗
〇 2位トーナメント1回戦6-1宇和島東,2回戦4-6今治西
〇 11位決定戦3-6大洲

2019年度伊予銀カップジュニアテニス大会U18中予地区予選

〇(個人戦ダブルス)  高岡・松本予選2回戦6-2松山東
〇ブロック 決勝6-0松山南 [県大会出場]


平成30年度 愛媛県総合体育大会
〇 団体 一回戦 伊予 2-1 新居浜東  二回戦 0-2 今北大三島 【ベスト16】

平成30年度 夏季ジュニア 中予地区予選
〇 個人戦 (ダブルス 予選) 古谷・三宅 6-0 松山北,6-2松山西 
     (ダブルス 本選) 古谷・三宅 2-6 松山東       【県大会出場】

平成30年度 夏季ジュニア 県大会
〇 個人戦(ダブルス) 古谷・三宅 6-1八幡浜,6-3松山西,4-6済美 【ベスト16】

 

平成30年度 県新人大会 県大会
〇 団体戦 一回戦 3-0 松山商業   二回戦 0-4 済美  【ベスト16】

〇 個人戦(ダブルス)
  古谷・三宅 6-3 今治南,0-6 松山東     【ベスト16】

  重川幸・高岡 6-7(1) 宇和島南         【ベスト32】

令和元年度 愛媛県総合体育大会
〇 団体戦  一回戦   伊予 1-2 新居浜商業 

ブログ

テニス部(女子)ブログ

新人大会県大会 

 

 10月16日(土)、愛媛県新人大会(団体戦)が行われました。

試合後の生徒の感想を紹介します。

〇途中で、ふと「このボール、取らなかったら楽なんだろうな」と      思ってしまったのですが、「Kさんが頑張ってくれたあの試合(予選)のおかげで、今ここに立っているのだから、負ける訳にはいかない」と思い、全力を尽くしました。結果は、逆転勝ちでした。(Y・W)

〇これから、プレーでも精神面でも成長できるように、自分の弱い部分から逃げずにしっかりと練習していきたいと思います。(K・U)

  団体    一回戦    伊予 3-0 愛 光

      二回戦           〃  1―3 今治西       

 

《県大会 ベスト16》

 激闘の予選を制し、勝ち取った団体戦の試合でしたが、惜しくも二回戦で敗退しました。これからもテニスの練習中だけではなく、コート環境の整備や休憩時間の過ごし方など常に意識を高く持って日々の練習に励み、誰からも応援されるチームを目指していきたいと思います。

 次は、冬季ジュニアテニス大会(1年:シングルス)が12月11日(土)・12日(日)に愛媛県総合運動公園で行われます。

総体中予予選の結果

生徒の感想より

伊予高校女子テニス部に入り、3年間を通して多くのことを経験でき、学べました。先輩たちからは教わり、後輩たちに教えながら、そして、同学年と切磋琢磨しながら部活動を行うことができたことは、奇跡だと思います。特に、キャプテンには、今までいろいろなことを言ってしまい、迷惑をかけたこともありましたが、私たちにとって最高のキャプテンです。みんなとテニスができ、本当に幸せでした。これからは進路実現に向けて、テニス部を通して学んだ全てのことを活かして頑張っていきたいと思います。(S.M)

 

見事に、中予地区の予選を勝ち上がった、谷・古賀のペアが県大会の個人戦(6/6)に出場します。また、団体戦(6/5)に向けて、今まで以上にチーム一丸となって、多くのことに挑み、勝利を目指します。

 

卒業おめでとう

 厳粛で緊張感のある卒業式でした。3年生はホームルームを終えた後、テニス部の卒業ミーティングに駆けつけてくれました。今年もコロナ対策をとったうえでの開催となりました。今年度は休校期間に始まり、練習できない日々が続き、残念ながら総体も中止となりました。しかし、高体連テニス専門部の先生方が記念大会を企画してくださり、数週間の練習期間を経て、参加することが出来ました。6人で力を合わせて団体戦を戦いました。彼女たちはそれぞれ次のステージに進み、新たな生活を始めることになります。1,2年生はその前途を祝福するとともに、自分たちの来年度に向けての励ましの言葉をかけてもらい、より一層頑張ることと思います。3年生の皆さん、卒業おめでとうございました。

伊予銀カップジュニアテニス大会(中予地区予選)

 2021年第30回伊予銀カップジュニアテニス大会高校生の部中予地区予選、1月23日(土)シングルス、24日(日)ダブルスが愛媛県総合運動公園テニスコートで行われました。シングルスでは1名がブロック決勝に進みましたが、県大会出場はかないませんでした。ダブルスでは、1ペアがブロックを勝ち抜き、3月に行われる県大会への出場権を得ました。7-6(3)の大接戦をものにできた経験を自信に変えてほしいと思います。

 2日間とも朝から風雨が激しく、土曜日は室内コートに2名が残り、4名は中央公園に場所を移動することになりました。室内ではボールに近くなったり、トスが低くなってしまうなど、調整が難しく、慣れるのに時間がかかりました。外のコートは、普段使わないオムニコートです。雨で滑りやすくなったうえに、ボールも重くなり、前に落ちる場面が増え、対処に苦労している様子でしたが、最後まであきらめず追いかけ、1球でも多く返す姿勢が見られました。生徒の搬送にご協力いただいた保護者の方にあらためてお礼申し上げます。

冬季ジュニア県大会

 1月9日(土)に愛媛県総合運動公園テニスコートにて第20回冬季ジュニアテニス大会県大会が行われました。本校からは1名の参加となりました。コロナ感染拡大により開催も危ぶまれましたが、地区予選を勝ち抜いてきた大会でもあり、まずは行えてほっとしたところです。開催できるようにご尽力くださった運営を担当する先生方にお礼申し上げます。

 ここのところの冷え込みでコート周辺の気温は0度を下回るほど。ラケットを握る手がかじかむ厳しい条件での試合となりました。4人による予選リーグは、南予地方の大雪により棄権せざるを得なかった高校が数校あり、3人でのリーグ戦になりました。結果は2試合ともタイブレークにもつれ込む接戦で1勝1敗。ゲームの得失率で2位となり、本戦Bトーナメントに進みました。気持ちを切り替え、考えながらプレーし、ゲームをコントロールできていました。1R6-1,2R6-1,決勝6-1という結果でした。

 普段の練習だけでは感じることの少ない緊張感や不安を体験できる機会を持てたことは、次の大会に向けてのモチベーションになったことと思います。また、コロナ感染予防の観点から無観客試合は継続されており、彼女たちのがんばる姿を直接ご観覧いただけないのは心苦しい限りです。保護者の皆様には、今後ともご理解、ご協力をお願いいたします。

冬季ジュニア(中予地区)

 12月12日(土)、13日(日)に愛媛県総合運動公園テニスコートにて第20回冬季ジュニアテニス大会中予地区予選が行われました。1年生3人が参加し、各自が自分のゲームプランを考え、試合に臨みました。結果は、1名が予選ゾーンを1位通過、県大会(R3 1/9)への出場権を獲得しました。

 今回は予選での本戦は行われず、権利を得た段階で試合終了となりました。これからもコロナ感染予防対策により、以前とは違う大会運営になっていくのでしょうが、こういった状況や環境に対応していかなければならないのは、皆同じなのですから、自分たちは自分たちのやるべきことをやっていくのだと、改めて感じた大会でした。

県新人大会テニス競技(個人)

 11月1日(日)令和2年度愛媛県高等学校新人大会テニス競技(個人戦)が、かわのえテニスセンターで行われました。2年生1ペアが出場しました。結果は1R 2-6 済美高校 でした。

序盤相手ペースで苦戦しましたが、3ゲームめに、数度繰り返されたデュースを制し、1ブレークオールに持ち込み、続くサービスゲームをキープし、流れを5分に引き戻しました。その後は、先にポイントを失うゲームが続き、メンタル的にも厳しい状況でした。強風にも悩まされましたが、粘り強くプレーし、1時間を超える熱戦となりました。この大会では、あと1ポイント取ることの大切さや、その難しさを学ぶことになりました。

県新人テニス競技県大会

 10月17日(土)令和2年度第43回全国選抜高校テニス大会愛媛県予選兼令和2年度愛媛県高等学校テニス新人大会(団体戦)が松山中央公園で行われました。前日から降り続く雨に加え、このところの冷え込みもあって、厳しい天候条件での試合となりました。1Rは松山南高との対戦でした。新チームになって一番多く練習試合をしてきた相手であり、めぐり合わせを感じます。結果は1-3で敗戦となりました。コロナ対策で例年とは違う応援の仕方となりましたが、部員全員が心を一つにしてプレーしました。序盤の劣勢を跳ね返してポイントを取ることもできました。難しいコートコンディションの中、最後までボールを追いかける姿も見られました。これからは一人一人が自分のスキルを上げていくシーズンに入ります。今後とも応援をよろしくお願いします。

県新人テニス競技中予地区予選

9月19日(土)個人戦のダブルスに4ペアが出場しました。1ペアがゾーンを勝ち抜き本戦に進み、同時に県大会へ出場を決めました。本戦では1Rで敗れましたが、夏季ジュニアに続き2度目の県大会への出場になります。もう1ペアはゾーン決勝で敗れたため、代表決定戦に臨みました。惜しくもタイブレークで敗れ、県大会出場を逃しました。

翌20日(日)、個人戦シングルスには、8人がエントリーしました。3名がゾーン決勝に進むも敗れ、残念ながら県大会への出場はなりませんでした。

21日(月)、いよいよ団体戦です。1Rの対戦相手は東温高校でした。先週末、練習試合を行った時には、まさか当たるとは思っていませんでしたので、ドローが出た時には驚きました。2-2の接戦となり、シングルス3に全てが委ねられることになりました。結果は3-2での辛勝、全員で勝ち取った1R勝利でした。2Rは新田高校と対戦しました。1-4で敗れ、コンソレーションに回ることになりました。コンソレ1Rは、松山工業高校でした。もつれたゲームの続く接戦をものにし、3-1で県大会出場を決めました。全員が気持ちを一つにして、プレーする者も、コート外で応援する者も一丸となって戦うことができました。応援ありがとうございました。

8・23 夏季ジュニアテニス県大会

 夏季ジュニアテニス選手権 愛媛県大会(8月23日 於:愛媛県総合運動公園)ダブルスに2ペアが参加しました。地区予選を勝ち抜いた者同士の対戦であることから、1Rから激しく打ち合う場面が多く見られました。本校2ペアも、二転三転する流れに翻弄されながらも、粘り強く戦い抜きました。サーブの威力、ボレーの上手さともに見習うところが多く、自分たちの課題を再発見した大会でした。

結果 1ペア(2年生)              1R 2-6 松山中央高校

           1ペア(1年生、2年生) 1R 7-5 土居高校

                                                     2R 6(5)-7 宇和島東高校