お知らせ

文化部活動の在り方に関する方針


愛媛県立伊予高等学校


1 目的
  本方針は、学校教育の一環である文化部活動において、生徒の意志や主体性を尊重し、健全な心身と豊かな人間性を育成することを目的とする。


2 適切な運営のための体制整備


(1) 校長は、本方針の目的を達成するための適切な活動ができるように、文化部の活動全般について、適宜、指導・助言を行う。


(2) 文化部活動の責任者(以下「文化部顧問」という)は、本方針の目的を達成するために、合理的、計画的に部活動を運営する。


3 適切な指導の実施


(1) 校長及び文化部顧問は、生徒の心身の健康管理、事故防止及び体罰・ハラスメントの根絶を徹底する。


(2) 熱中症事故防止の観点から、高温注意情報や暑さ指数等の情報に十分留意し、気温・湿度などの環境条件に配慮して指導する。


(3) 文化部顧問は、生徒のバランスのとれた健全な成長の確保の観点から休養を適切に取ることが必要であること、また、過度の活動が生徒の心身に負担を与え、文化部活動以外の様々な活動に参加する機会を奪うこと等を正しく理解するとともに、生徒の芸術文化等の能力の向上や、生涯を通じて芸術文化等に親しむ基礎を培うことができるよう、生徒とコミュニケーションを十分に図り、生徒がバーンアウトすることなく、それぞれの目標を達成できるよう、分野の特性等を踏まえた合理的でかつ効率的・効果的な活動方法の積極的な導入等により、休養を適切に取りつつ、短時間で効果が得られる指導を行う。


4 適切な休養日等の設定

 文化部活動における休養日、活動時間については、成長期にある生徒が、教育課程内の活動、部活動、学校外の活動、食事、休養及び睡眠のバランスのとれた生活を送ることができるように設定する。

  ○ 学期中は、原則として、週当たり2日以上の休養日(平日1日、休日1日)を設ける。ただし、各部の活動環境の違いや大会等や要請により参加する地域の行事・催し等に応じて休養日を変更する場合は、可能な限り近い時期に代替の休養日を設け、原則に準じた休養日の日数を確保する。

  ○ 長期休業中は、生徒が十分な休養を取ることができるよう、また、文化部活動以外にも多様な活動ができるよう、ある程度長期の休養期間を設ける。

  ○ 1日の活動時間は、平日は2時間程度、学校の休業日(学期中の週末を含む)は3時間程度とし、合理的、効果的、効率的な活動を行う。大会等や要請により参加する地域の行事・催し等を控えている時期など、特別な事情のある場合は、校長の承認を得て、活動時間を延長することができる。


 5 大会・試合等の精査

 校長及び文化部顧問は、文化部が参加する大会や要請により参加する地域の行事・催し等の全体像を把握し、様々な大会等に参加することが生徒にとって過度な負担とならないよう配慮する。

お知らせ

運動部活動の在り方に関する方針


愛媛県立伊予高等学校


1 目的
  本方針は、学校教育の一環である運動部活動において、生徒の意志や主体性を尊重し、健全な心身と豊かな人間性を育成することを目的とする。


2 適切な運営のための体制整備

(1) 校長は、本方針の目的を達成するための適切な活動ができるように、運動部の活動全般について、適宜、指導・助言を行う。

(2) 運動部活動の責任者(以下「運動部顧問」という)は、本方針の目的を達成するために、合理的、計画的に部活動を運営する。

3 適切な指導の実施

(1) 校長及び運動部顧問は、生徒の心身の健康管理、事故防止及び体罰・ハラスメントの根絶を徹底する。

(2) 熱中症事故防止の観点から、高温注意情報や暑さ指数等の情報に十分留意し、気温・湿度などの環境条件に配慮して指導する。

(3) 運動部顧問は、トレーニング効果を得るために休養を適切に取ることが必要であること、また、過度の練習がスポーツ障害・外傷のリスクを高め、必ずしも体力・運動能力の向上につながらないこと等を正しく理解するとともに、生徒の体力の向上や生涯を通じてスポーツに親しむ基礎を培い、技能や記録の向上等それぞれの目標を達成できるよう、休養を適切に取り入れて指導を行う。

4 適切な休養日等の設定

  運動部活動における休養日、活動時間については、成長期にある生徒が、運動、食事、休養及び睡眠のバランスのとれた生活を送ることができるように設定する。

  ○ 学期中は、原則として、週当たり2日以上の休養日(平日1日、休日1日)を設ける。ただし、各部の活動環境の違いや大会実施時期等に応じて休養日を変更する場合は、可能な限り近い時期に代替の休養日を設け、原則に準じた休養日の日数を確保する。


  ○ 長期休業中は、生徒が十分な休養を取ることができるよう、また、運動部活動以外にも多様な活動ができるよう、ある程度長期の休養期間を設ける。


  ○ 1日の活動時間は、平日は2時間程度、学校の休業日(学期中の週末を含む)は3時間程度とし、合理的、効果的、効率的な活動を行う。大会を控えている時期など、特別な事情のある場合は、校長の承認を得て、活動時間を延長することができる。


 5 大会・試合等の精査

 校長及び運動部顧問は、運動部が参加する大会・試合等の全体像を把握し、様々な大会等に参加することが生徒にとって過度な負担とならないよう配慮する。