愛媛県立伊予高等学校
 
本日までの来訪者678114

人権デーについて

 本校では、月に1回「人権デー」という日を設けています。この日にはSHRで、自分たちの人権意識を見直し、誰もが幸せに生活できる社会を目指すため、いろいろな話題を取り上げ、全員で考えています。

 
人権デー資料
2017/06/27

【人権・同和教育】人権・同和教育講演会を開催しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 本校では毎年1回、全校生徒が参加する人権・同和教育講演会を開催し、人権意識を啓発する取組を行っています。

 今年は、6月22日(木)に行われ、本校の人権・同和教育課長が「内藤素行(ないとう もとゆき)の生き方」という演題で話しました。

人権・同和講演会1

 明治5(1872)年、学制が発布され、伊予市・伊予郡や松山市一帯でも学校づくりが始まります。松山城下とその周辺での学校づくりを担当したのが内藤素行です。

 学制発布の1年前の明治4年、松山県では解放令とともに「喩文」を出して、身分による差別の不当さを県民に説いていました。そのため内藤は、差別されてきた人々の子どもたちを松山の士族たちが多く通う学校へ入学させようとします。内藤は、差別されてきた人々の指導者の家に行き、子どもたちを入学させるよう勧誘を行い、お茶を所望しました。出てきたお茶を内藤は飲みますが、同行の役人たちは飲もうとしませんでした。

 講演では、お茶を飲んだ内藤と飲まなかった役人たちとを比べて、なぜ内藤がお茶を飲んで差別をしなかったのかを追求しました。彼が、新しい知識を身につけたうえで「分かったことを実行する気概」を持つ人物であったことを伝え、現代に生きる生徒自身が「分かったことを実行する気概」を持つように強く呼びかけました。

 講演では、当時の文書や写真をプレゼンの文字とともに提示して、時代の雰囲気を伝えるとともに、劇や歌などを交え、生徒に分かりやすく伝えようと工夫しました。

人権・同和講演会2

 講演後、全校生徒がクラスで感想文を書きました。生徒自身の生き方や心構えについて考えたものが多く見られました。


19:57 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2015/05/11

「障がい者と共に生きるために」

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 松前町と松前町教育委員会が昨年度に人権作文などを集めた冊子fともに生きるjを発刊しました。本日の人権デーはその中から、昨年度伊予高を卒業した生徒の人権作文を紹介します。


16:23 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2014/09/22

ノーマライゼーション社会の実現に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 今回は、本校の保健室側でパン販売を行っている「ワークハウス久谷」という施設の方に、人権委員がインタピューを行いました。この施設は一般企業への就職が困難な障がいのある方に就労機会を提供し、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの福祉サービスを供与することを目的としています。


10:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2014/07/07

「ボランティアと私」

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 昨年の夏季休業中の宿題である人権作文の中から「ボランティアと私」を書いた3年生の作文に目を奪われました。そこには地域の老人ホームでボランティア活動を通して輝いている伊予高生がいました。それではみんなの仲間の活動を了解をもらっているので紹介します。


08:19 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2014/06/09

「いじめはあってはいけないこと」

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 昨年の夏季休業中の課題である人権作文の中に印象に残る作文がありました。そのテーマは「いじめはあってはいけないこと」でした。この作文を読んで、今後いじめに対して厳しい目が養われ、さらに成長する伊予高生の姿を見ることができます。この作文に共鳴する人がたくさんいると思います。


13:15 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2014/05/20

「『優しい人社会』を目指して」

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 昨年の夏季休業中の課題の1つである人権作文の中でふと考えさせられる作文がありました。そのテーマは「『優しい人社会』を目指して」でした。この作文を読んで、伊予高生は人間らしく生きる優しさをいつも考えていることがよくわかり、感心させられます。この機会を利用し、本人の了解をもらって紹介します。きっとこの作文にも共鳴する人たちがたくさんいることと思います。


13:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2014/04/23

「竹田の子守唄」

Tweet ThisSend to Facebook | by:WebMaster

 哀切なメロディーにのせて、フォークグループ「赤い鳥」が1971年に大ヒットさせた「竹田の子守唄」にまつわる話をしましょう。


12:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
伊予高校前景
平成28年度重点努力目標
 
〒791-3102
愛媛県伊予郡松前町北黒田119番地2
Tel 089-984-9311
Fax 089-985-0622
 

年間行事予定一覧

このWebSiteは国立情報学研究所が次世代情報共有基盤システムとして開発したNetCommons2を利用しています。


このWebSiteは一部のコンテンツの閲覧にAdobe Readerが必要です。