お知らせ

 私たち演劇部は、和気あいあいとした空気を大切に、日々練習に励んでいます。大会や文化祭に向けて台本の読みあわせや即興劇などをして、演技力が向上するように頑張っています。演出などを考える裏方も練習に参加し、団結力を高めています。
 一緒に楽しく活動しませんか。

ブログ

演劇部ブログ

演劇部 令和元年度愛媛県高等学校演劇新人大会

 私達演劇部は2月1日に新居浜市のあかがねミュージアムで催された愛媛県高等学校演劇新人大会に出場し、藏本朔矢作『死神さんのお仕事』という劇を上演しました。文化祭の時と同様に生徒が台本を作り、裏方も初心者が多く大変でしたが、無事に上演することができました。また、他校の劇はどれもレベルが高く、とても参考になりました。ここで学んだことを、来年度の新入部員に引き継いでいけるように、気を引き締めて頑張ります。

演劇部 やったぜ!文化祭 (November 6th)

 私たち演劇部は11月6日に行われた文化祭で「白雪姫(伊予高校演劇部ver.)」というオリジナルの劇を発表しました。
 この劇は私たちの代では初となる生徒創作による劇で、キャストは全員1年生でした。初めての1年生だけの練習でなかなかまとまらず、とても大変でしたが、本番では全校のみんなに楽しんでもらえてよかったです。

演劇部 第33回県高校総文祭演劇部門中予地区大会

 私たちは8月18日、19日に行われた第33回愛媛県高等学校総合文化祭演劇部門中予地区大会に出場しました。新しいメンバーで初めての公式な大会ということで演出や配置など不安な点が多くありましたが、全員でアイデアを出し合って納得のいく作品に仕上げることができました。

 優秀賞には選ばれませんでしたが、今回得た知識や他の学校の劇から学んだことを、次の作品につなげられるよう、今後日々の練習を地道に頑張りたいと思います。

演劇部 第20回四国高等学校演劇祭

 7月14日に四国中央市民会館川之江会館で第20回四国高等学校演劇祭が開催されました。今回は、四国を代表する5校の作品が上演され、私たちは観劇をしました。
 どの学校も自由な発想のもと、観客を舞台に上がらせたり、客席に呼びかけたりなどして様々な創意工夫が施されていました。
 8月18、19日にある中予地区大会に向けて、今回学んだことをしっかり生かして、よい作品が上演できるように部員全員で頑張ります。

【演劇部】愛媛県高校総合文化祭

 11月17日、18日に愛媛県生涯学習センター県民小劇場で愛媛県高等学校総合文化祭演劇部門が開催されました。今回は各地区大会で選考された8校の作品が上演されました。私たちは出場できませんでしたが、補助役員として大会運営を手伝いました。

 また、出場校の優秀な作品を観劇しました。どの高校も役者の発声・発音がしっかりしていました。セリフの間がちょうどよく、やり取りが洗練されていました。日々の練習の成果が表れていて、とてもレベルの高い劇が出来上がっていました。

 この観劇を通して学んだことを活かし、私たちも意欲的に、充実した活動をしていきます。

【演劇部】文化祭にて

 今回の文化祭では、チゴサッカロミセスルーキシー作『私と天使と、ときどき、シロアリ』という劇を上演しました。

 文化祭までにいろいろと苦労しました。セットは天使がぶち破る障子をどのように表現すべきか悩みました。小道具や衣装などの準備も大変でした。また、30分ほどの劇でしたが、なかなかセリフが覚えられず苦労しました。でも、どうにか当日に間に合わせることができました。

 本番ではセリフをとばしたり、投げた扇子が予想以上に飛んでいったりしましたが、慌てることなく、最後まで無事に上演することができました。今後の課題は、動きをもっと大胆にしてステージをもっと広く使うことです。

 みなさん、観劇してくださり、ありがとうございました。また、この劇を上演するにあたり、お手伝いをしてくださったみなさん、ご協力ありがとうございました。