伊予高校の総合的な学習(探究)の時間は、
今年度から“探Q”として生まれ変わりました。

この“探Q”には、3つのQが込められています。

○ Question(疑問)
○ Quality(質)
○ Qualification(資格・能力)


そして、これらのQを“究める”ために、
1人1人が地域学習や芸術活動、資格取得といったテーマを設定し、
毎週2時間(火曜日の⑤⑥時間目)探Q活動を始めました。


そのテーマは主に6つの「学びのグループ」に分かれています。

①人文社会 ②総合科学 ③生活健康
④芸術創造 ⑤能力開発 ⑥課題探究(地域イノベーションコース)


2019年度前期は、2・3年生が31のテーマに分かれ活動をしています。
その様子をお伝えしていきます。
 

(執筆担当:動画でみる地域講座)

探Qブログ

探Q(総合的な学習の時間)ブログ

探Q(総合的な学習の時間)まちを元気に 高校生サミット

”まちを元気に高校生サミット”で発表しました!
【開催日時】令和元年5月26日9:30~15:00
【開催場所】サイボーズ松山オフィス
【内容】四国まちづくりオフサイトミーティング2019
   “まちを元気に高校生サミット”
   可能性は無限大、自分を変える、自分が変わる。
   元気な高校生の取組をみんなで聴いちゃおう!

5月26日、県内の高校生が現在取り組んでいる「まちづくり」に関する発表が行われました。松山商業高等学校地域ビジネス科の生徒の皆さんが総合司会・運営をする中で、県下14校のプレゼンがありました。本校からは、3年生の坂見李々花さんと森田茉樹さんが参加し、「探Qの時間」での取組「松前町の特産品を利用したお菓子づくり」について発表しました。(他校生も熱心にメモをとって聞き入っていました。)

(愛媛県各地から企業や自治体の方が参加されていました。)

   
(商品を改良し、いろいろな人に試食してもらった際の説明をしています。)

【参加生徒の感想】
・他校の生徒の活動の内容がよく分かり、商品の開発以外にも宣伝の仕方やパッケージ等参考になる内容もあり、参加して勉強になりました。同じ高校生の中には、いろいろなコンテストやコンクールに参加している人がたくさんいることを知り、せっかく「探Qの時間」でいろいろな活動をしているのだから、どんどん応募していこうと思いました。
・他校のプレゼン力の高さに驚きました!中には全国大会の常連チームも参加していて圧倒されました。他校の活動も参考になったし、藻谷先生の講演もとても分かりやすく勉強になりました。また勉強会に参加したいです。

0

【探Q】6月7日 地元のリーダーから学ぶリーダーシップとマネジメント

 

「地元のリーダーから学ぶリーダーシップとマネジメント」講座です。

 今日は、エミフル松前内にあるまさき村を訪問し、(株)まさき村の代表取締役 三好 茂 様にお話を伺いました。

 

まさき村を立ち上げた経緯や三好さんの考える松前町に対する思い、買いに来ていただくお客様だけでなく、商品を納めてくれる生産者や中小事業主の方への感謝すること、社員をまとめていく際のコミュニケーションの取り方などについて聞くことができました。

三好さんの一言一言に、「松前町をなんとかしたい」「地域の輪をつなげることに貢献したい」という熱い想いを感じとることができ、本当に有意義な時間となりました。

次回の講座を活用して、聞き取りした内容をリーダーシップとマネジメントという視点から振り返り、まとめ作業を行います。

0

探Q 活動紹介6 ~動画でみる地域講座~

この探Qのトップページの原稿を作成した私たち「動画でみる地域講座」を紹介します。
学びのグループは、⑥課題研究です。
この講座では、主にふるさとCM大賞えひめ・観光甲子園の作品制作や学校紹介ビデオ、
今年度から正面玄関に新設されたデジタルサイネージに掲示する動画の撮影を行っています。

これは学校紹介ビデオを制作するために
伊予高校のマスコットキャラクターの「いよピー」に協力を依頼し、
探Qの各講座を取材している様子です。
どの講座も、積極的な協力を得ることができました。
学校紹介ビデオは、今年も中学生向けの学校説明会で披露する予定です。

そして、ふるさとCM大賞・観光甲子園の作品制作のために、新しい発見や情報を得るため、
校外へ取材に出かけ、視野を広げ活動しています。
 

校内外で撮影してきた動画を編集しています。
編集ソフトで動画を切り取ったり、テロップを貼ったりして、
テーマを端的に伝えるために、試行錯誤を繰り返し、より良い動画を作成しています。
 

先日、観光甲子園に挑戦するメンバーが、松前町役場に取材に出かけました。
未来の松前町について、熱く語り合いました。

これから先も他のコンテストへ応募するなど、様々な分野にも挑戦していく予定です。

(執筆者:動画でみる地域講座3年生)

0

探Q 活動紹介5 ~異文化理解~

「異文化理解」講座 (学びのグループ:①人文社会グループ)を紹介します。

私達が取材に行ったこの日の活動は、
愛媛県青年海外協力隊を育てる会から4名の講師の方をお招きし、
「地球の料理教室」を開催していました。

今回は、中東の人々に愛されている最もポピュラーなお菓子「バクラヴァ」作りと
エジプトや中東諸国でのコーヒーの入れ方を学びました。
「バクラヴァ」とは、
フィロ生地の間に刻んだアーモンドやクルミをはさみ、
焼き上げてから濃いシロップをかけたものです。

机には金色のコーヒーカップと食器、ゴージャスな気分になります。

フィロ生地を何枚も重ねています。“パイ”を作る感じですね。

オープンで20分ほど焼いて

甘いシロップをたっぷりかけて完成です。
教室には、甘い香りが広がっていました。

 

みんなで試食です。楽しく和気あいあいと活動できました。

そして、2時間の活動に密着した僕たち取材班も、
バクラヴァをいただきました!食レポに挑戦中?


↑最後に、食レポです!
「作っている途中に、シナモンのいい香りがしてきました。
 一口食べるとサクサクしていて、甘くてとても美味しかったです。
 作っている皆さんや講師の先生に、作るのは難しいですかと聞くと、
 とても簡単に作ることができるとのことです。
 僕たちも中東の文化について、勉強になりました。」

(担当:動画で見る地域講座2年生)

0

探Q 活動紹介4 ~応用言語学ゼミ講座~

応用言語学ゼミ ~もし君が翻訳家なら~ (学びのグループ:①人文社会グループ)

この講座は、普段の授業では習えないような英語の意味・表現を調べて学習します。
タイトル文字のとおり、英語に2時間どっぷり浸かります。

まずは、スライドを使って先生が解説

みんな熱心に取り組んでいます。


そして、グループ学習でわからない点を解決していきます。

毎週活動することで、少しずつレベルアップ!
将来の進路に繋げていきます。

英語をとことん探Q(探究)する講座の紹介でした!

(執筆者:動画でみる地域講座2年生)

 

 

 

 

 

 

 

0

探Q(総合的な学習の時間)「『万葉集』の世界」講座 校外授業

 5月28日(火)の探Qの時間に、「『万葉集』の世界」講座15名は、『万葉集』と深いつながりを持つ道後温泉に行き、開催されている改元イベント「祝 令和元年!万葉集と道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」の取材を行いました。

回廊パネル展では、『万葉集』と地域とのつながりを学ぶことができました。一番印象に残っているのは、聖徳太子が温泉に訪れた時の絵です。聖徳太子の顔が火照って赤くなっているのが、かわいいなと思いました。


飛鳥之湯泉の湯屋は、飛鳥時代の建築様式を取り入れており、浴室は万葉歌人である山部赤人と額田王の歌をモチーフにした内装になっていました。また浴室の壁画は、和歌の風景を砥部焼で再現していて、プロジェクションマッピングも見ることができました。
平成から令和へと元号が変わり、注目を集めている『万葉集』。その世界観を、取材を通して楽しく感じることができました!

0

探Q(総合的な学習の時間)活動紹介3 ~地域の伝統的な暮らし・文化・芸能について調べよう~

次は、「地域の伝統的な暮らし・文化・芸能について調べよう」講座を紹介します。
学びのグループは⑥課題研究です。

この日の探Q活動のテーマは、
松山およびその周辺地域で代々伝わる祝福芸能である伊予の民踊(伊予万歳)です。
地域(松前町中川原)の方々が本校で踊りを披露してくださいました。

三味線と太鼓と拍子木が軽快にリズムを刻み、
歌に合わせて、ひらひらと扇が舞い、体がリズミカルに動きます。

踊りを見学した後の座談会では、
地域の伝統や文化の保存・継承、そして、郷土に対する親しみと誇りを持って
地域づくりに取り組んでいる思いを聞くことができました。

最後に、感じたことをまとめます。

地域にある伝統や文化を知り、
よりよくするために必要な課題を考える過程から、
地域に対する自分の考えをもつことができることを目標にしています。

(担当:動画でみる地域講座2年生)

0

探Q(総合的な学習の時間)活動紹介2~数学オリンピック問題に挑戦~

この講座では数学オリンピックの問題に挑戦しています。(学びのグループ:⑤能力開発)
問題を解いていくにつれて、型に当てはまらない解き方を身に着けることができ、
様々な視点から“数学”を考えることができるようになります。

数学オリンピックの問題を解いている様子、3年生が挑んでいます。
この講座で学んだ「数学的な見方や考え方」は、受験数学で役に立つかも!

同じ教室では、2年生が数学検定取得に向けて取り組んでいます。
その様子は、またお伝えします。


(執筆者:動画でみる地域講座2年生)

0

探Q(総合的な学習の時間)活動紹介1【総合科学】理科探究活動

 探Q「理科探究活動」班です。今回は、地域の水生生物について調べるために、海の生き物を採取して観察しました。
 採取場所は新川海水浴場です。波打ち際や磯、突堤で貝や小魚、カニ、海藻などを採取しました。
 
 水生生物を採取してから観察するまでに一週間。途中で海水の交換もしましたが、土日が夏のような暑さだったためか、バケツから腐敗臭が…。それでも生き物たちは元気に動いていました。
 
海藻は顕微鏡で観察。ミクロメーターで測った結果、1つの細胞が10?程度でした。緑の粒は葉緑体でしょうか。
 
 バケツの腐敗臭のもと!?水に浮いていた膜のようなものを観察したところ、このような糸状のものが見えました。細さは1?程度……何らかの細菌でしょう。観察はまだまだ続きます。
 「理科探究活動」班には、他にも2チームあります。

 目指せ、でんじろう!?チーム(↓いろいろなタイプの空気砲作り)
 
 身近にあるものを作ってみよう!?チーム(↓スーパーボール作り)
 
 何をするのか?どんな方法で何が必要か?どんな結果になるのか?計画・準備・実験・考察の全てを生徒だけで行っています。だから、うまくいくのか、何が起こるのか、毎回わくわくしています。

0

【総合的な学習の時間】5月21日 地元のリーダーから学ぶリーダーシップとマネジメント

 

 【探Q】私たちの講座は、「地元のリーダーから学ぶリーダーシップとマネジメント」です。

 

 松前町やその周辺の企業などのリーダーにお話を聞き、一人一人の中でリーダーシップとマネジメントについて考えを深めることを目標にしています。これまで、自分たちなりに調べたり、人の話を聞いたりしながらリーダーシップとマネジメントという難しい課題に取り組んできました。

 

 今日は、二つの課題に取り組みました。

一つは、実際にお話を聞きたい企業もしくは企業のリーダーの方を調べることです。グループに分かれ、タブレットを使用しながら企業のホームページを調べたり、質問項目を考えたりしました。多種多様なホームページから企業の魅力を掴んだり、大切にしている理念を学ぶことを通して、生徒たちの中でもリーダーシップとマネジメントについて考えを深めることができました。

 

もう一つは、今私が考える「リーダーシップとマネジメント」をまとめることです。インターネットを検索したら出てくる定義をそのまま写すのではなく、自分の経験を(もちろん調べたことも)踏まえながら、自分なりの言葉でまとめました。40分程度時間をかけて難しい課題をまとめましたが、集中を切らすことなく真剣に取り組むことができました。

 

これからの活動を通して、ぜひ自分なりの「リーダーシップとマネジメント」の在り方を考えていきたいです。

 

(生徒の感想)

○ 自分の中でのリーダーシップとマネジメントは何か、と聞かれた時、すぐに答えを出すことができず難しかったです。これからの活動で自分の中に「これ」というものを作りたいと思います。

○ リーダーシップとマネジメントが違う立場であることは分かるのだが、表現するのが難しかった。

○ 企業を訪ねるうえで自分が「なぜその企業にこだわって話をききたいか」を明確にすることができた。リーダーシップとマネジメントの違いを見出すのが難しい。

○ 自分の今考えるリーダーシップとマネジメントが今後どのように変わっていくか楽しみです。

○ たくさんの質問を考え、新しい知識をどんどん手に入れたいです。リーダーシップとマネジメントでは、改めて比較してみると、似ているようで全然違うということが自分で書いてみると分かりやすかったです。

0