ようこそ、愛媛県立伊予高等学校公式WebSiteへ
魅力ある“伊予の国の IYOKO ”を目指して
〜知性・若さ・規律・思いやり・創造力でチャレンジ!!〜
I ntelligence Y outh O rder K indness O riginality

新着
1月11日(木)、1年生を対象とした主権者教育を実施しました。  地域の問題は、地域住民である自分たちでしっかり考えて解決するべきであるという自覚を持つとともに、高校生にできることは何かを探ることを目的とした講義でした。愛媛大学名誉教授藤目節夫先生による「まちづくりの主役はだれか:行政参加のまちづくり」というテーマで実施されました。講義の中で、「第1回観光甲子園」で最優秀を受賞した島根県の海士高等学校による実践事例も紹介されました。同じ高校生の取り組みをとおして、身近な問題として地域に対する主権者意識を高揚することができました。藤目先生の熱い語り口調は、体育館の寒さを忘れるくらいでした。  久万高原町で6月におこなわれる「畑野川竹灯篭まつり」では地元の上浮穴高校生も参加して、地域おこしに貢献していることも紹介されました(写真右は準備をしている様子)。かっこよく思えました。自分たちも何か地元に愛着を持って行動したいです(生徒感想)。
 冬休みの活動報告です。12月27日にしおさい公園でOB戦を行いました。本校33・32・31期卒業のサッカー部OBが集合し、現役生と試合し、交流を深めました。 1月4日・5日に中央公園屋内運動場で伊予農業高校と松山中央高校でフットサルをしました。 そして、1月6日には、内子高校と松山南高校と練習試合をしました。正月休み明けということもあり、体力的に全然走れませんでしたが、無失点でゲームを終えることができました。(30分×5本)伊予 0-0 1-0 内子伊予 1-0 0-0 1-0 松山南1月の対外試合の予定です。 13日(日)AM 練習試合(宇和島南、済美S) @済美球技場 20日(日)PM 練習試合(北宇和) @伊予高校 27日(日)PM 練習試合(松山北S) @松山北高校 今年もよろしくお願いします。 (執筆者:2年生)
SDGsに関する研究会「SDGsって何だろう?」 〇開催日時 12月23日(日曜日)12時20分 - 17時00分〇開催場所 サイボウズ松山オフィス〇主催 SLOWS-四国国際理解教育研究会〇講師 上智大学総合人間科学部 田中治彦 教授  JICA国際協力推進員愛媛デスク 山下将一 氏〇日程12時20分 - 12時30分 あいさつ、スケジュール確認                       SLOWS 越智由佳先生12時30分 - 13時00分 「日本と世界のつながり-国際協力の視点から見たSDGs」                       JICA四国国際協力推進員 山下将一 氏13時00分 - 14時35分 キーノートスピーチ「SDGsってなんだろう」                       上智大学総合人間科学部 田中治彦教授15時00分 - 16時45分 「SDGsについて学べるワークショップ入門」                       SLOWS 今井大介先生 ・ 矢野奈美先生  授業を通じて、生徒とともに考えていきたいテーマとして、関心が高かった「SDGs」について、県内で学べる機会があ...
第65回 大阪教育大学附属天王寺中・高等学校 教育研究会 〇開催日時 11月10日(土)9時30分 - 16時30分〇開催場所 大阪教育大学附属天王寺中・高等学校〇日程 1  9時30分 - 10時00分    全体会 2 10時00分 - 10時50分    公開授業Ⅰ 中学校1年社会科    地域経済分析システム「RESAS」を用いた地理の授業 授業者:髙橋誠矢教諭 3 11時05分 - 11時55分    公開授業Ⅱ 高校3年世界史    「記憶」をめぐる歴史の授業~ピョートル革命をめぐって~ 授業者:笹川裕史教諭 4 13時00分 - 14時45分   研究と協議  「問い」を発見する学び 指導講師:大阪教育大学 峯明秀教授 5 15時00分 - 16時30分 全体講演会  「教育の不易と流行 ~深い学びと評価の本質~」 講師:大谷大学文学部教授 荒瀬克己教授  大阪教育大学附属天王寺中学校・高等学校で行われた、第65回教育研究会に参加してきました。 中学1年社会科の公開授業では、内閣府および経済産業省が運用する地域経済分析システムRESAS(Regional Economy Society Analyzing System)を用いて、日...
○開催日時  8月29日(水) 13時00分 - 13時30分 受付 13時45分 - 14時35分 授業公開 14時45分 - 15時35分 情報交換 15時45分 - 16時35分 授業研究 ○開催場所 愛媛県立伊予高等学校 ○公開授業 3年文系選択地理B 空野剛教諭 1年数学A 門田泰治教諭 2年理系生物基礎 小泉紗代教諭 1年保健 中村寛教諭 2年コミュニケーション英語Ⅱ マックモルカン里佐教諭※生物基礎の授業公開は平成30年度県立学校ICT教育推進事業の授業公開を兼ねる。  本年度が3年目となる、愛媛県高校生アクティブ・ラーニング推進事業の松山Cグループの公開授業(A班)が、本校において行われました。グループ校から多くの先生方に参観していただくとともに、昨年度に引き続き、松前町内や伊予市内の各中学校からも複数の先生方にご参観いただきました。 授業公開では、各教科の学習のねらいを達成するために、どのような手法を用い、どのように授業を展開すればよいのか試行錯誤を重ねた授業づくりがなされていました。松山Cグループは専門高校を含め、学校の規模もさまざまです。情報交換および授業研究では、それぞれの...

伊予高日誌

【1年生対象】「主権者教育」

1月11日(木)、1年生を対象とした主権者教育を実施しました。
  地域の問題は、地域住民である自分たちでしっかり考えて解決するべきであるという自覚を持つとともに、高校生にできることは何かを探ることを目的とした講義でした。愛媛大学名誉教授藤目節夫先生による「まちづくりの主役はだれか:行政参加のまちづくり」というテーマで実施されました。講義の中で、「第1回観光甲子園」で最優秀を受賞した島根県の海士高等学校による実践事例も紹介されました。同じ高校生の取り組みをとおして、身近な問題として地域に対する主権者意識を高揚することができました。藤目先生の熱い語り口調は、体育館の寒さを忘れるくらいでした。

 

久万高原町で6月におこなわれる「畑野川竹灯篭まつり」では地元の上浮穴高校生も参加して、地域おこしに貢献していることも紹介されました(写真右は準備をしている様子)。かっこよく思えました。自分たちも何か地元に愛着を持って行動したいです(生徒感想)。


0

【1、2年生対象】「新聞の読み方講座」

 12月27日(木)の補習最終日、愛媛新聞社から講師の先生方をお招きして、「新聞の読み方講座」を開きました。この日の新聞を用いながら、旬の話題で社会を知るというワークショップを行い、新聞のよさを実感しました。

新聞の読み方講座1

10分でも新聞を読めるコツを教わります

新聞の読み方講座2

この日の新聞から気になる記事を見つけます

新聞の読み方講座3

選んだ記事をプレゼンします

新聞の読み方講座4

いよいよ壁新聞作りです

新聞の読み方講座5

アイデアを出し合います

新聞の読み方講座6

掲示してプレゼンします

新聞の読み方講座7

同じ新聞を読んでも興味や関心、解釈はさまざまです

 生徒の感想です。

  • 今の時代、ネットだけで情報は揃うと思っていたが、新聞には情報が細かく丁寧に書いてあって、見ているととても興味のある記事がたくさんありました。(1年・男子)
  • 家で新聞をとっているけれど、読んでいるのは父と母だけで私は見ていませんでした。今回、「流し読み」という1日10分で全ページを読む方法を知ったので、実践しようと思います。(1年・女子)
  • 今年は平成最後のお正月ということで、「平成時代のまとめ」の記事がたくさん出ていることに気付きました。新聞をじっくりと読むことがなかったので、これを機会に読む習慣を身に付けたいと思います。(2年・男子)
  • 同じ新聞でも人によって気になる記事が違うし、それに対する意見も様々なのだということがよく分かりました。また、タイトルの字体の違いにも気付き、他者に伝えるための工夫点も学ぶことができました。(2年・女子)
  • 時間内にプレゼンすることの大変さを実感しました。伝えたい内容が整理されていないと、相手にはうまく伝わらないので、普段からポイントを押さえて話す工夫がいると思いました。(2年・女子)
0

第3回防災避難訓練

 第3回防災避難訓練を、12月11日(火)の7時限目に実施しました。雨天のため体育館で全校生徒を対象に「未来の消防団加入促進事業」と題した講話、体験活動が行われました。
 3年生各クラス代表1名が、ホース展張・搬送活動を体験しました。重たいホースをすばやく運び、延ばす作業は難しいようでしたが、生徒は消防団の方々の助言を聞きながら上手にこなしていました。
 大規模災害が予想される今日、地域防災の中核を担う消防団員の近年の減少、高齢化に歯止めをかけ、自助、共助の必要性を実感するためのよい体験活動でした。この体験を通じて、近い将来、本校卒業生が消防団に加入し、地域防災の強化、消防団活動活性化の担い手として活躍してくれることを期待したいと思います。
 

0

【総合的な学習の時間】2018年、ラストの活動!

 今年度からスタートし、週に2時間連続で実施している伊予高校の“総合的な学習の時間”。火曜日の午後は、校内のあちらこちらで活動しています。今日は、2018年の最後の活動日でした。その様子を少しだけお伝えします。

 異文化理解 ~英語を使って、外国の方と座談会~

【左】地域の昔話を伝えよう~調べ学習後の台本(紙芝居)を作成~
【右】健康は朝食から~栄養バランスを考えた調理実習~

映像でみる地域 ~校内でロケとナレーション録音~

【左】新聞記事から学ぶ~NIEを活用して活動~
【右】アンサンブルの楽しみ~音楽に親しんでいます~

【左】英語でオリジナルストーリーを作る~楽しく会話が弾んでいます~
【右】キイロショウジョウバエの飼育~実験には手先の器用さが必要~

 他にもあわせて、後期は33のグループが活動しています。年度末には、総合学習の成果発表会を行う予定(3月16日)です。

0

サタデースクール(進路別講演会)

 12月8日(土)のサタデースクールで、進路別講演会を実施しました。
高松高等予備校、河原学園、ポリテクカレッジから講師の先生をお招きし、
大学、専門学校、職業能力開発大学校、
それぞれ個々の進路実現に向けて、今、何をすべきか考えました。

大学進学希望講座および専門学校進学希望講座


職業能力開発大学校進学希望講座

 講演会後は、振り返りシートを記入し、
進路実現のために今日から実行することや
冬休みを利用してしなければならないことを深く考えることができました。

0