ようこそ、愛媛県立伊予高等学校公式WebSiteへ
魅力ある“伊予の国の IYOKO ”を目指して
〜知性・若さ・規律・思いやり・創造力でチャレンジ!!〜
I ntelligence Y outh O rder K indness O riginality

新着
 東予高校で行われた冬季錬成会に参加しました。富岡西(徳島)高知西(高知)の県外勢と新居浜高専、弓削商船高専の高専勢を加えた錬成会です。結果は男子14チーム中4位でした。 〈開会式とウォーミングアップ〉〈錬成試合〉〈錬成試合〉〈錬成試合〉〈4位の賞品 西条農高産のミカンと閉会式〉
12月9日(日)にしおさい公園でE3中予リーグ15位決定戦が行われました。 【E3中予リーグ15位決定戦】伊予S  1-1(PK2-0) 松山東Sこの結果、2018シーズンは第15位今日は、チームが集中した状態で試合に臨めました。守備面では、粘り強くできていて、まずまずの内容でしたが、攻撃面では、詰めの甘さがでてしまい、思うように攻めきれませんでした。後半からは改善されてきて、セットプレーから得点もできてよかったです。来週はいよいよ新人戦です。精一杯がんばります。  (執筆者:2年生)
 12月8日(土)のサタデースクールで、進路別講演会を実施しました。高松高等予備校、河原学園、ポリテクカレッジから講師の先生をお招きし、大学、専門学校、職業能力開発大学校、それぞれ個々の進路実現に向けて、今、何をすべきか考えました。 大学進学希望講座および専門学校進学希望講座職業能力開発大学校進学希望講座  講演会後は、振り返りシートを記入し、進路実現のために今日から実行することや冬休みを利用してしなければならないことを深く考えることができました。

伊予高日誌

サタデースクール(進路別講演会)

 12月8日(土)のサタデースクールで、進路別講演会を実施しました。
高松高等予備校、河原学園、ポリテクカレッジから講師の先生をお招きし、
大学、専門学校、職業能力開発大学校、
それぞれ個々の進路実現に向けて、今、何をすべきか考えました。

大学進学希望講座および専門学校進学希望講座


職業能力開発大学校進学希望講座

 講演会後は、振り返りシートを記入し、
進路実現のために今日から実行することや
冬休みを利用してしなければならないことを深く考えることができました。

0

【2年生】デートDV講演会

 

12月6日(木)ホームルームの時間に、講師をお招きして「デートDV」に関する講演会を実施しました。若者の間で発生している「デートDV」について、自らにとっても身近な人権問題であることを理解するとともに、人と人とのよりよい関係を築くための基本を改めて学びました。

 事例紹介では、男女交際の在り方について、問題点や対策を意見発表しました。

 (生徒の感想より)
・男女交際は、お互いが笑顔になれないと楽しめないし、精神的に苦しいと思うので 二人の価値観や個性を大切にして、付き合っていくのが一番だと感じた。(男子)
・日本は男女の格差が強い国だということを知って、自分は納得した。男女の格差を急に無くすことは難しいことだけど、男女の差を超えて対等に付き合っていけるようにしたい。(男子)
・今回の講演会でデートDVについて学び、自分の考えや気持ちを相手に押しつけるのではなく、 対等な関係を築いて行くべきだと思いました。(女子)

0

【書道部】書の甲子園大賞受賞

 書の甲子園(第27回国際高校生選抜書展)で本校3年矢野菜々美さんが大賞を受賞しました。書道部の団体四国地区準優勝と一緒に11月28日付毎日新聞に記事が掲載されました。

毎日新聞デジタル版で見ることができます。

 入賞入選作品は1月29日から2月3日まで天王寺にある大阪市立美術館に展示されます。 

取材の様子

団体 四国地区準優勝

個人 大賞 3年 矢野菜々美

入選 3年 髙橋 舞、松木 葵、長山正人

2年 濵矢結衣、手嶋日菜、大森玲奈、田中柚子、山下加乃、澤井愛美、本川日向子

1年      今井美月、水口藍璃

0

【総合的な学習の時間】【生活健康】松山盲学校訪問

 総合的な学習の時間「ノーマライゼーションを学ぼう」班です。私たちは、みんなが一緒に生活するために大切なこと知り、必要なことを考えようと、そのスタートとして障がいをもった方々、性的少数者の方々について理解を深めようとしています。

 今回は、松山盲学校に訪問させていただきました。松山盲学校では、先生ではなく私たちと同じ高校生のお二人が普段使っている点字盤や拡大教科書、拡大機器の紹介をしてくれました。全盲弱視体験として、ガイドヘルプをしながら校内を歩く経験もさせてもらいました。お二人の楽しい掛け合いで、点字の打ち方や機器の使い方を説明してくれたり実演してくれたりしたので、とても分かりやすくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

~生徒の感想より~
・インターネットや本で調べても実際に体験してみないと分からなかったことがあったり、新しく学んだことがあったりして、貴重な体験をすることができました。
・自分の名前を点字盤で打ってみて、実際に盲学校の生徒さんに読んでいただきました。スラっと点字を読んでいて、すごいと思いました。
・点字盤や拡大教科書を実際に使って、盲学校の生徒さんの普段の授業を知ることができ、良い体験ができました。

0

平成30年度「税を考える週間」作品展 税に関する五七五 表彰

 

平成30年度「税を考える週間」作品展(主催:松山地区租税教育推進協議会)税に関する五七五で、1年生の安藤佳乃さんが、松山地区租税教育推進協議会会長賞を受賞し、11月26日校長室にて、松山税務署副署長より表彰されました。近く、校内にポスターも展示されるので、ぜひ見てください。

0