お知らせ

 私たち華道部は、現在2年生13名、3年生6名で活動しています。校外から講師の先生に来ていただき、「池坊」という流派の生け方を習っています。

 教わったことを生かして、昨年度も高文祭に出品しました。それぞれ自分の持ち味を生かして生けることができました。また、校内の文化祭では、秋をテーマに1人1作品展示し、たくさんの人に楽しんでいただきました。

 月に1回の活動ではありますが、和気あいあいとした雰囲気で楽しく充実した時間を過ごしています。講師の先生が優しく丁寧に教えてくださるので、生け花をしたことがない人でも大丈夫です。私たちと一緒に生け花の技術や感性を磨いてみませんか。お花が好きな人、興味のある人は、ぜひ地学実験室まで見学に来て下さい。お待ちしています。

ブログ

華道部ブログ

華道部 今月のお花 6月

今月のお花はバラ、ニュウサイ、マトリカリアです。
部員の作品↓

 【作者のコメント】
涼しさを表現するために、ニュウサイを裂き、全体を包み込むように仕上げました。
(2年女子)

ちなみに、上の作品を裏から見たものがこちらです。少しカールしてみました。↓

 

先生の作品↓

0

華道部 今月のお花 5月

今月のお花はフトイ、カーネーション、紅花です。
部員の作品 ↓

【作者のコメント】
  フトイを外側に折り曲げて、線香花火のようにしたところがポイントです。立ててあるフトイ
 や紅花、ガーベラは花火に見立てて、一足早い夏をイメージさせるような作品に仕上げました。(2年女子)

活動の様子 ↓ フトイの曲がり具合を身体で表現しているところです。

0

華道部 今月のお花 4月

今月のお花はモミジ、アルストロメリア、ナデシコです。
部員の作品↓

【作者のコメント】
新入部員3人も加わり、今年度初めての活動となりました。春らしい色のアルストロメリア
を中心に、まだ若葉のモミジと、ナデシコをやや緊張ぎみに生けました。(2年女子)

活動の様子↓

0

【華道部】今月のお花 3月

今月のお花はアジサイ、チューリップ、スプレーキク、ドラセナです。
今回の“枝物”アジサイの「矯め」はききません。
部員の作品↓

 【作者のコメント】
  全体的に大きく仕上げ、菊で噴水をイメージしました。自分らしく自由にお花を生けることが
  できました。 (1年女子)

先生の作品↓

0

【華道部】今月のお花(1月)

今月のお花はリンズ柳、ストック、菜の花です。だいぶ春らしくなってきました。
部員の作品①↓

【作者のコメント】

 2本のストックがとてもきれいな作品にできました。全体的にバランスをとるのが難しかった
けど、先生のアドバイスのおかげで、空間を生かした素敵な作品になったので、とてもよかっ
たです。(1年女子)

部員の作品②↓

【作者のコメント】
 柳をためて大きく見えるように広げました。ストックのところに柳を丸くしたものを入れて
 アクセントにしました。菜の花で足元を隠すのは難しかったです。(1年女子)

※「ためる」(=矯める)は木などを曲げたり真っ直ぐにしたりして、形を整えることです。

部員の作品③↓

【作者のコメント】

リンズ柳をため、作品全体を丸くしました。(1年女子)

先生の作品↓

0

【華道部】今月のお花 11月

今月は、校内文化祭と高文祭がありました。

校内文化祭↓



高文祭@ひめぎんホール(作品1、作品2)↓

作品1:ボケ、ストレチア、サガ菊、レモンリーフ
作品2:サクラ、アイリス、サガ菊

(作品3、作品4)↓

作品3:モミジ、カテマコ、スプレー菊、クロトン
作品4:木イチゴ、カンガルーポー、ピンポン菊

(作品5、全体)↓

作品5:ツル梅、リンドウ、アンスリューム、モンステラ

0

【華道部】今月のお花 10月

今月のお花は紅アオイ、デンファレ、クジャク草、ゴットです。

部員の作品↓

 【作者のコメント】
  デンファレを5本使ったので、あえてクジャク草は使いませんでした。クジャク草を使わなく
  ても、とてもきれいに仕上がったのでよかったです。今回はあまり先生からの指示がなく、自
  由度が高かったのですが、自分らしく楽しくお花を生けることができました。  (1年女子)

先生の作品↓

0

【華道部】今月のお花 9月

 今月のお花はソルゴー、ガーベラ、オミナエシ(女郎花)、ドラセナです。

部員の作品↓

【作者のコメント】
 全体のバランスをとるのが難しかったけど、先生にご指導いただき、キレイにまとめることができました。(1年女子)

先生の作品↓

↑ シュッとした緑の葉っぱに赤い縁取りがあるのがドラセナです。ドラセナには様々な種類がありますが、どの種類も育てやすく、観葉植物としても人気です。

 トウモロコシに似て(ヒエにも似ているような…)いるのがソルゴー(ソルガムともいわれます)です。よく見るとつぼみ様のものがたくさんついているのですが、つぼみではなく、いちおう“咲いている”状態だそうです。咲いているのにつぼみだと思われ、可哀想な(?)ソルゴーですが、家畜の飼料になったり、甘味料に使用されたりする優れものです。
 黄色く小さな花を咲かせているのがオミナエシ。女郎花とも書きます。秋の七草の一つです。黄色い花が粟に似ていることから別名「粟花」とも。ちなみに「男郎花(オトコエシ)」という花もあって、こちらは白く、形はオミナエシと似ていますが、多少“力強く”見えるらしい。(後で画像を確認しましたが、確かに…。可憐な女郎花に比べると、野太い男郎花でした。)
 最後に、おなじみのガーベラ。単品でも十分な存在感があります。色によって違った花言葉がありますので、花束をプレゼントする時は、お花屋さん任せではなく、花言葉を参考に自分で選んでみるのもいいですね! (顧問)

0

【華道部】今月のお花 7月

 今月のお花はソケイ、ユリ、ヒメヒマワリです。
部員の作品 ↓

【作者のコメント】
 花器が平たいので横に広げました。暑苦しくならないように、できるだけ広がりをつけ、葉も間引いて空間を作りました。前方下部だけでなく、後ろにも1本ヒマワリを入れるだけで、一気に華やかになりました。(1年女子)

先生の作品↓

0

【華道部】今月のお花 5・6月

 5月のお花はヒメ南天、シャクヤク、スズランです。

部員の作品

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

 シャクヤク(中国の学名「芍薬」)はその漢字からもわかるように、その根が薬として処方されます。また、スズランは可愛らしい見かけによらず、全草(とくに根・根茎・花)に有毒成分が含まれます。北海道では放牧牛も絶対に手を出さないとか。南天は秋になると真っ赤な実をつけ、縁起が良いとされていることから、庭木としても人気です。この実を煎じて飲むと、咳止めとして効果があり、「のどあめ」の原料として使われていますね。ただし、「葉」には有効成分とともに、有毒成分も含まれているので、安易に口にしないでください。ということで、5月は薬と毒のコラボでした。
6月のお花はアリアム(和名:花ネギ)、バラ、ドラセナです。

部員の作品

【作者のコメント】今回入部して3度目の活動でした。先月の芍薬よりは生けやすい印象でしたが、まだまだ慣れないことも多く、先生の手ほどきを受けつつ完成させました。バラの棘を取る時に、手に刺さりかけて危なかったので、次生ける機会があれば、もっと気を配りたいです。
(1年女子)

先生の作品5月


先生の作品6月

0