お知らせ

 書道部は、3年生7名、2年生6名、1年生3名で毎日楽しく活動しています。部員同士で互いにアドバイスをし、技術を高め合っています。いろいろな活動を通して書道の魅力を発信していきます。
 

 

 


主な活動

公募展への出品、県高文祭参加、校内文化祭の展示・書道パフォーマンスなど

 

平成30年度 書の甲子園           四国地区準優勝(団体)大賞1名

平成30年度 県学生書道展          最優秀学校賞、県知事賞

平成29年度 全国高等学校総合文化祭(宮城) 特別賞

平成28年度 全国高等学校総合文化祭(広島) 出展2名

平成28年度 書の甲子園           四国地区優勝(団体)秀作賞3名

平成27年度 全国高等学校総合文化祭(滋賀) 特別賞

平成26年度 全国高等学校総合文化祭(茨城) 特別賞

ブログ

書道部ブログ

書道部 家庭クラブテーマ揮毫をしました。

書道部2年生が、令和元年度の家庭クラブテーマを揮毫しました。今年のテーマは「私たちが主役の未来へ ~繋がりを深めて愛を育む~」です。
揮毫者の感想「文字配置やテーマとサブテーマの文字の大きさを工夫し、繋がりを意識して制作しました。」

1年生が生徒会テーマ「積」の創作に初チャレンジ。名印も制作して押印し、書道教室横の階段に掲示しています。
感想「一画一画の止めやはらいに気を付けて、行書はつなげて書くことを意識しました。」

0

書道部 令和元年度の生徒会テーマは「積」

書道部 令和元年度の生徒会テーマは「積」

令和元年度生徒会テーマ「積」を書道部3年生部員が揮毫しました。

「積」には「積み重ねる」や「掛け算の答え」という意味があります。努力や成果を積み重ねていく大切さや、皆の良さを掛け合わせて素晴らしいものを作り上げるという気持ちを込めて書きました。そして、いつまでも初心を忘れないように、1年生の時と同じ場所で同じように写真撮影をしました。校内に掲示しています。

印刷物や掲示物に使われる書は、芸術性と実用性(正しさ読みやすさ)が求められます。書くことは自分の成長にもつながるので、一つ一つ最善を尽くし日ごろから鍛錬し、依頼していただけることにも感謝して書くようにしています。5月22日に行われた開校記念行事要項・選手名簿の表紙は302手嶋日菜さんの書です。
「力強く書こうと隷書を選び、線の面白さやかすれを意識して創作しました。短い期間での制作でしたが、納得のいく作品を仕上げることができました。」

0

【書道部】書の甲子園作品紹介

昨年度末の「第27回書の甲子園」で入選した本校2、3年生の作品を紹介します。
この作品は大阪市立美術館で展示されたものです。一年前の同じ書道展では入選することができず悔しい思いをしましたが、奮起した翌年に12名の生徒が入選することができ、団体で四国地区準優勝という結果を残すことができました。個人の部で大賞を受賞した卒業生矢野さんの作品は、今年の「第71回毎日書道展」で展示予定の為まだ返却されておりません。8月の四国展で展示されるのを楽しみにしています。

0

【書道部】第57回県学生書道展 最優秀学校賞

 第57回愛媛県学生書道展が2月16日17日の2日間、県美術館で開催されました。最終日に表彰式が会場で行われ、団体で最優秀学校賞、2年生の澤井愛美さんが県知事賞の表彰を受けました。団体賞は部長の2年濵矢結衣さんが代表して賞状と盾を受け取り、18日の読売新聞に写真が掲載されています。また、13日には知事賞澤井さんの作品と喜びの声が紹介され、秀作賞の本校1、2年生8名の名前も掲載されました。
 澤井さんの作品は平安時代の三筆空海の書「灌頂歴名」を臨書したもので、粘り強い線の動きが紙面を貫き、奥行きの深さを感じられる作品との評をいただきました。

0

【書道部】書の甲子園受賞式に参加しました

 2月3日大阪梅田の毎日新聞大阪本社にあるオーバルホールで書の甲子園(第27回国際高校生選抜書展)の表彰式が行われ、書道部員13名で参加しました。3年矢野菜々美さんが個人の部で大賞の表彰を受け、団体の部では地区準優勝の表彰を3年松木葵さんが代表して受けました。
 表彰式の前には天王寺の大阪市立美術館で書展を鑑賞し、自分たちの作品や全国の入賞・入選作品を見ることができました。1月28日付毎日新聞に大賞以上の作品が紹介され、本校矢野さんの作品も掲載されました。
大阪市立美術館前にて

上位受賞作品の展示室

大賞の表彰

式典後会場にて

<参加した1、2年生の感想>
・全国から集まったレベルの高い作品を鑑賞することができ、刺激を受け勉強になった。視野が広がる良い機会となった。今後の作品作りをより良いものにしていきたい。
・初めて全国や海外の作品を鑑賞し、同じ高校生が書いたとは思えないほどレベルの差を感じ、圧倒された。現状に満足せず常に上を目指していきたい。
・今まで参加したことのないような規模の表彰式で、文部科学大臣賞受賞者の揮毫を間近で見ることができてとても勉強になった。
・「技術だけでなく人として成長しなければならない」という言葉を聞いて自分も成長しなければならないと思った。

0

【書道部】第43回書界展

書界社主催 第43回書界展が1月23日(水)~27日(日)愛媛県美術館南館(松山市堀之内)で行われています。本校からは書道部と芸術クリエーションコースから1,2年生が出品し、学生部に特別賞4名、特選6名が選ばれました。また、書塾から出品した1名も特選に選ばれています。南館3階に学生部の作品、1・2階は一般の作品が展示されています。ご高覧ください。

松山市議会議長賞 1年 水口 藍璃
書界大賞 2年 大森 玲奈、大岩明日香
書界賞  2年 澤井 愛美
特 選  2年 山下 加乃、手嶋日菜、田中 柚子、濵矢 結衣、本川日向子、辻井 夏海
     1年 大隅 愛歩
秀 作  1年 前川 莉亜、今井 美月、もみひなた

作品紹介

0

【書道部】書の甲子園大賞受賞

 書の甲子園(第27回国際高校生選抜書展)で本校3年矢野菜々美さんが大賞を受賞しました。書道部の団体四国地区準優勝と一緒に11月28日付毎日新聞に記事が掲載されました。

毎日新聞デジタル版で見ることができます。

 入賞入選作品は1月29日から2月3日まで天王寺にある大阪市立美術館に展示されます。 

取材の様子

団体 四国地区準優勝

個人 大賞 3年 矢野菜々美

入選 3年 髙橋 舞、松木 葵、長山正人

2年 濵矢結衣、手嶋日菜、大森玲奈、田中柚子、山下加乃、澤井愛美、本川日向子

1年      今井美月、水口藍璃

0

【書道部】高文祭報告

 11月15日から18日県美術館で第32回愛媛県高等学校総合文化祭書道部門の展示が行われました。本校からは1、2年生11名が運営補助も含めて参加し、2年生7名が古典の臨書作品を出展しました。そのうち2名が受賞し、17日の表彰式で表彰されました。
実技講習会うちわ作品の前で

表彰式

受付

搬出作業


<出展作品>

優秀 山下

奨励 澤井

手嶋

田中

濵矢

大森

本川

0

【書道部】文化祭報告

 11月6日に行われた伊予高校文化祭書道の展示を紹介します。芸術書道Ⅰ・Ⅱ・Ⅲや芸術クリエーションコースの授業作品、書道部の作品を展示しました。また、恒例になりました書道パフォーマンスも行い、多くの方に見ていただきました。ありがとうございました。

0