新着
 11月12日から15日の4日間、第34回愛媛県高等学校総合文化祭書道部門の展示が県美術館南館で行われました。本校書道部から1、2年13名が参加、展示・撤去の補助も行い、合評会では作品制作のアドバイスを聞くことも出来ました。今年度全国総文高知大会に出品した3年今井美月さんの作品も展示されました。新型コロナウイルス感染拡大のため、夏の実技講習会中止を始め様々な行事や展示がなくなり勉強の機会が減っている中、感染予防に努めながらなんとか実施できたこと、関係の方々に感謝いたします。 成績 優秀 2年 森 耶真人 臨木簡(次年度全国大会推薦) 優秀 2年 奥田 千尋 臨乙瑛碑 生徒の感想 ・県内から集まった作品を見て、自分に足りないことや今まで気がつかなかったことに気付くことができ、より深く書道と向き合うことができた。学んだことをしっかり吸収して今後に生かしたい。(2年) ・初めての合評会で緊張したがとても勉強になることばかりだった。他校の先生に指導していただき、他校の作品を見て刺激を受けこれから書く臨書の参考にもなった。次の制作もがんばりたい。(1年)
県内で新型コロナ感染が複数発生し、愛媛県は、11月20日に「感染縮小期」から「感染警戒期」に移行しました。今まで以上に感染防止に留意した行動をとる必要があります。 詳細は休み明けに連絡しますが、まずは本日から、登下校中もマスクを着用してください。(自転車通学生も同様) また、発熱などの風邪症状がある場合は、行動に留意し、かかりつけ医に電話連絡の上、診察を受けるなどしましょう。 家族や自分がPCR検査を受けることになった場合は、担任への連絡をしてください。 悪いのは感染者ではありません。正しく恐れ、感染防止に最善を尽くすとともに、誹謗中傷なきよう、みんなで乗り切っていきましょう。
後期探Q活動「動画でみる地域講座」です。 1年生チームは、松前町をPRするCM作品作りに挑戦し、 eatふるさとCM大賞えひめ‘21に出品しました。   前期探Q・職場体験学習の傍ら、構想を練り準備を進め、 町内でロケを進め、編集作業をしてきました。 コロナ禍で多くのイベントが中止となり制限がある中での活動でしたが、 面白い作品に仕上がったと思います。   ↓メイキングの様子   今後は、審査結果を楽しみに待ちながら、 別のコンテストに向けて、取材や編集作業を進めていく予定です。
情操教育の一環として、令和2年11月19日に芸術鑑賞会を開催します。芸術鑑賞会の概要は以下のとおりです。 日時 令和2年11月19日(木) 15:05~16:35 場所 体育館 参加者 1・2年生全員及び教職員 演奏者 黒田 映李(くろだ えり・ピアノ) 大宮 臨太郎(おおみや りんたろう・ヴァイオリン) 横島 礼理(よこしま まさみち・ヴァイオリン) 小室 明佳里(こむろ あかり・ヴィオラ) 宮坂 拡志(みやさか ひろし・チェロ) 以上5名の各氏 演奏曲 モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク KV525 Allegro (5:30) ヘンデル=ハンボルセン パッサカリア (7:00) バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1番 プレリュード (2:30) ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ 第5番 Op.24「春」第一楽章 (8:00) シューマン クインテット Op.44  (30:00) 備考 諸般の事情により、保護者の皆様には御案内はしていません。 演奏者にはPCR検査陰性を確認しています。 演奏は弦楽四重奏とピアノのコラボレーションです。飛沫感染のおそれは低いと考えています。 演奏は体育館ステージ上で行い、観客席との距離を十分とるようにしています。 観客...